メディア
ニュース
» 2018年06月25日 09時00分 公開

STマイクロ EVALSP820-XS:RAMPS向けモータードライバ評価ボード

STマイクロエレクトロニクスは、オープンソースの3Dプリンタ制御基板「RAMPS」向けに、モータードライバ評価ボード「EVALSP820-XS」を発表した。同社のモータードライバ「STSPIN820」を搭載する。

[EDN Japan]

2分の1から256分の1分解能のマイクロステッピングモード

 STマイクロエレクトロニクスは2018年6月、オープンソースの3Dプリンタ制御基板「RAMPS(RepRap Arduino Mega Pololu Shield)」向けに、モータードライバ評価ボード「EVALSP820-XS」を発表した。同社のモータードライバ「STSPIN820」を搭載する。価格は6.90米ドル。

モータードライバ評価ボード「EVALSP820-XS」

 EVALSP820-XSは、RAMPSプリンタを高速で駆動でき、スループットの大幅な向上が可能になる。また、2分の1から256分の1分解能のマイクロステッピングモードで制御できる。

 搭載するSTSPIN820は、産業機器向けの高速モーター制御用入力回路とアルゴリズムに加え、1.5rmsの出力段を集積する。他に、減電圧ロックアウト、過電流保護、サーマルシャットダウン、短絡保護などの保護機能を内蔵し、産業機器に必要となる堅牢性を提供する。動作電圧は7〜45Vで、4×4mmのQFNパッケージを採用している。

 同評価ボードを使用することで、熱溶解積層方式(FFF)の3Dプリンタを試作や交換部品の作製、教育用として使用できる。3Dプリンタ以外にも、医療機器やロボット、ATM、POS端末などのステッピングモーター制御を開発する際に利用できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.