メディア
ニュース
» 2018年06月29日 09時00分 公開

ams AS5200L:AEC-Q100認定のデュアルダイ磁気式回転位置センサー

amsは、AEC-Q100準拠のデュアルダイ磁気式回転位置センサー「AS5200L」を発表した。車両のノブおよびジョイスティックなど、非接触式ポテンショメーターの用途向けで、ギアシフトやペダルのバイワイヤ化と省スペース化に対応する。

[EDN Japan]

分解能12ビットのI2CとPWM出力

 amsは2018年6月、AEC-Q100グレード1準拠のデュアルダイ磁気式回転位置センサー「AS5200L」を発表した。車両のノブおよびジョイスティックなど、非接触式ポテンショメーターの用途向けで、ギアシフトやペダルのバイワイヤ化と省スペース化に対応する。現在量産中で、評価ボードは同社のICdirectオンラインストアから購入できる。

デュアルダイ磁気式回転位置センサー「AS5200L」の使用イメージ

 5×5mmのMLF-16パッケージで、はんだ接合検査が容易なエクスポーズパッドとウェッタブルフランクを採用。分解能12ビットのI2CインタフェースやPWM出力を備え、非線形誤差は±1度だ。デフォルトで0〜360度の範囲を測定し、ワンタイムプログラマブル(OTP)メモリを利用して出力角度を狭くすることもできる。I2Cを介して、専任のプログラマーなしで動作パラメーターのプログラミングが可能だ。

 また、スタックダイ構成を採用し、単一の小型ターゲットマグネットと組み合わせて、各ダイから同じ測定結果を出力できる。互いに電気的欠陥が影響しないよう、各ダイにパッケージピンを割り当てている漂遊磁場の影響を受けにくい設計で、ノイズの多い磁場環境でもシールドなしで精度と再現性を維持する。

 消費電力を自動的に低減するスマート省電力モードも搭載し、100ミリ秒ごとにポーリングする際の平均電流は1.5mAとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.