メディア
ニュース
» 2018年08月01日 09時00分 公開

STマイクロ P-L496G-CELL0x:セルラー通信機能搭載IoT機器開発パッケージ

STマイクロエレクトロニクスは、セルラー通信機能を持つIoT(モノのインターネット)機器用の開発パッケージ「STM32 Discovery Pack」を発売した。STM32マイコンを搭載した機器に最新の通信機能を容易に実装できる。

[EDN Japan]

サンプルスクリプトやC言語変換ソフト、APIなども搭載

 STマイクロエレクトロニクスは2018年6月、セルラー通信機能を持つIoT(モノのインターネット)機器用の開発パッケージ「STM32 Discovery Pack」を発売した。単価は約110米ドル。

「STM32 Discovery Pack」のイメージ

 STM32 Discovery Packには、2G/3Gネットワーク通信用の「P-L496G-CELL01」と、LTE Cat-M1/NB(Narrow Band)-IoTリリース13に対応した「P-L496G-CELL02」の2種類がある。

 2種類ともに、32ビットマイコン「STM32L496」を搭載した開発ボードとSTMod+セルラー拡張ボードを含む。なお、この拡張ボードにはQuectel製モデムとEMnifyのプロファイルを内蔵する2G/3G通信用eSIM、microSIMソケットを搭載している。

 同開発パッケージを使用すれば、STM32マイコンを搭載した機器に最新の通信機能を実装できる。パッケージ内のサンプルスクリプトにより、STM32L496に実装されたEspruino JavaScriptエンジンで動作させることができる。

 他に、効率的にC言語へと変換し、性能を最適化するソフトウェア「X-CUBE-CELLULAR」や、アプリケーションの統合を簡略化するバークレーソケット、セルラー拡張ボードをシームレスに制御できるAPI(Application Programming Interface)なども搭載されている。

 同社は主要なIoTソリューションプロバイダーと協力関係を構築していることから、開発者は試作品の評価時に、セルラー通信やSIM管理、クラウドプラットフォームサービス、機器管理などのサービスを試すことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.