メディア
ニュース
» 2018年08月07日 09時00分 公開

マキシム MAX77714、MAX77752:バッテリー寿命を延長するパワーマネジメントIC

Maxim Integrated Productsは、民生用アプリケーションのシステム効率向上に貢献する、パワーマネジメントIC「MAX77714」「MAX77752」を発表した。

[EDN Japan]

低消費電力かつ機器の薄型・小型化に貢献

 Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は2018年7月、民生用アプリケーションのシステム効率向上に貢献する、パワーマネジメントIC(PMIC)「MAX77714」「MAX77752」を発表した。1000個購入時の単価は、MAX77714が2.75米ドル、MAX77752が1.40米ドルとなる。

パワーマネジメントIC「MAX77714」「MAX77752」のイメージ

 計算集約型アプリケーション向けのMAX77714は、4.1×3.25×0.7mmの70ピンWLPパッケージを採用。機器の薄型、小型化に貢献し、スタンドアロンのソリューションに比べてバッテリー寿命を最大40%延長する。出力電圧は0.26〜3.78Vで、スリープモード電流は85μA、ピーク効率は90%以上(3.6VIN、1.1VOUT時)を達成している。

 9つの低ドロップアウトリニアレギュレーターを含む13のレギュレーターとリアルタイムクロック、バックアップバッテリーチャージャー、ウォッチドッグタイマー、電源シーケンス、8つのGPIOを内蔵する。

 MAX77752は、活線挿抜機能を備えたマルチチャンネルPMICで、5×5×0.8mmの40ピンTQFNパッケージで提供される。フレキシブルパワーシーケンサーを内蔵し、ハードウェアまたはソフトウェア制御の起動に対応。高精度ブラウンアウトコンパレーター内蔵のバックレギュレーター、低ドロップアウトリニアレギュレーター、2つの専用負荷スイッチコントローラー、突入電流リミッター、出力イネーブル用の外部レギュレーター、バックアップ電源制御用の電圧モニター、ロジック制御用の専用デジタル出力リソースなどを集積した。

 同社は、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、ゲーム、ソリッドステートドライブ(SSD)、セキュリティ、産業用IoT(モノのインターネット)、ハンドヘルド機器、ホームオートメーションハブなどでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.