メディア
ニュース
» 2018年08月30日 09時00分 公開

日本モレックス 146200、204774:高性能MIMO用セルラーセラミックアンテナ

日本モレックスは、高性能MIMOアプリケーションをサポートする、小型セルラーセラミックアンテナ「146200」「204774」を発表した。最大2.7GHzまでの高周波数帯域動作に対応する。

[EDN Japan]

高周波数帯域動作に対応

 日本モレックスは2018年8月、高性能MIMOアプリケーションをサポートする、小型セルラーセラミックアンテナ「146200」「204774」を発表した。最大2.7GHzまでの高周波数帯域動作に対応する。電気通信やネットワークにおけるMIMOルーター、VPNルーター、無線LANシステム、ワイヤレスインフラ、ワイヤレス組み込みシステム、無線通信機器、MIMO衛星通信システムなどに活用できる。

セルラーセラミックアンテナ「204774」

 146200は698M〜2.7GHzに対応し、ミラーイメージアンテナパターンが表示されたマッチングペア「1462000001」「1462000011」で構成される。204774は、790M〜2.7GHzに対応。いずれも設計と属性が類似しており、MIMOシステムで使用する場合、1つの整合回路のみで利用でき、全体的なアプリケーションコストの削減が可能だ。また間接給電設計により、電話機を手元や体の近くに置いた際にアンテナ性能が向上する。

 146200は、全ての放射パターンがシステムグランドに直接接続され、静電気放電による損傷を排除できる。間接送り設計により、広いインピーダンス帯域幅を実現する。

 204774は、高い熱伝導と環境干渉の離調効果に対する耐性を有するセラミックハウジングを採用。供給パッドはPCB上の50Ωの伝送ラインからの電気信号がアンテナに供給可能で、固定パッドはFアンテナハウジングをPCBのSMTパッドへ確実に固定できる。さらに接地パッドは、アンテナがアプリケーションPCB上に安全に接地可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.