メディア
ニュース
» 2018年09月11日 09時00分 公開

日本航空電子工業 MX68シリーズ:車載情報通信機器間用の高速伝送用コネクター

日本航空電子工業は、車載情報通信機器間の高速伝送用コネクター「MX68」シリーズを開発した。「MX68A」は車載用LVD/GVIFに対応し、「MX68B」はUSB2.0信号に対応する。

[EDN Japan]

車載用LVDS/GVIF対応のMX68AとUSB2.0信号対応のMX68B

 日本航空電子工業は2018年8月、車載情報通信機器間の高速伝送用コネクター「MX68」シリーズを開発したと発表した。車載用の各種情報通信機器、特に高速伝送を必要とする機器間配線の用途を見込んでいる。

車載情報通信機器間の高速伝送用コネクター「MX68」シリーズ

 今回、MX68シリーズとして、車載用LVDS/GVIFの差動信号4.8Gビット/秒(bps)に対応可能な「MX68A」と、USB2.0信号に対応可能な「MX68B」を開発。高速伝送に対応したインピーダンスマッチング設計で、伝送性能と信頼性確保のためハーネスにて供給し、STPケーブルに対応する。

 実装方法をスルーホールリフローとしたことで、従来のホールドダウンタイプの製品と比べ、実装面積を約26%削減した。

 シェルは銅合金とスズメッキ、ハウジングはLCP-GF35やPBTを使用している。使用温度範囲は−40〜85℃だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.