メディア
連載
» 2018年09月12日 11時00分 公開

Wired, Weird:工具は預けるべし!? 保安検査後に動かなくなった工具の修理 (2/3)

[山平豊(NSS九州),EDN Japan]

1Aを超える電流が流れた!

 次にテスター(デジタルマルチメーター)を確認する。テスターのつまみを回しても表示の液晶が点灯しない。ケースからテスターを取り出し、カバーを開けてボタン電池を取り出した。3Vあるはずの電圧が2Vしかなかった。しかし電池を新品に交換しても正常に動作しない。原因を確認するために電池の代わりに安定化電源を使って3.0Vに設定してテスターに印加したら、なんと1Aを超える電流が流れてしまった。これはやばい! テスターに実装されたICが壊れたのかもしれない。テスターの操作面の写真を図2に示す。

テスターの操作面 図2:テスターの操作面

 このテスターは三和電気計器製で型名は「PM3」。小型で軽く、使いやすい愛用のテスターだ。通常では右側のつまみを一番左のOFFから右へ回すと液晶パネルが点灯し、操作が可能になる。テスターのカバーを開けたところの写真を図3に示す。

テスターのカバーを開けたところ 図3:テスターのカバーを開けたところ

 図3で外カバーのネジを外し、カバーを開けてボタン電池を外した。ハンダ面には圧電素子のブザーが搭載されていた。テスターのつまみを固定しているEリングをなんとか外し、基板を固定している6個のネジを外して基板を取り出した。テスターのICが搭載されている部品面の写真を図4に示す。

ICが搭載されていた部品面 図4:ICが搭載されていた部品面

 テスターの中央のICの表面には「FS9711-LP1」と印刷されていた。データシートをWeb検索すると「FS9711-LP3」のデータシートが見つかった。LP1とLP3ピン数は同じだったので、LP3の回路図を見てLP1の電源端子の配置と照らし合わせると同じ配置だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.