メディア
ニュース
» 2018年09月18日 09時00分 公開

富士通セミコン MB85RS4MT:リアルタイムデータログに適した4MビットFRAM

富士通セミコンダクターは、4Mビットの不揮発性FRAM「MB85RS4MT」を発表した。10兆回の書き換えが可能で、高速での書き込み、低消費電力を特長とする。

[EDN Japan]

書き換え保証回数は10兆回

 富士通セミコンダクターは2018年9月、4Mビットの不揮発性FRAM(Ferroelectric Random Access Memory)「MB85RS4MT」を発表した。現在、量産品を提供中。リアルタイムでの頻繁なデータログを必要とするドライブレコーダーや工作機械、計測装置、メーター、民生機器などのアプリケーションを見込む。

4MビットFRAM「MB85RS4MT」

 FRAMは、強誘電体膜をデータ保持のキャパシターに利用しており、電源を切ってもデータを保持できる。データの書き込みが高速で、書き換え回数も多いなど、ROMとRAMの長所を併せ持つメモリだ。

汎用EEPROMとの書き換え回数比較

 MB85RS4MTは、書き換え保証回数が10兆回。これは同じ不揮発性メモリの汎用EEPROMと比べて約1000万倍の回数となる。データの書き込みは、セクターを消去せず上書きのみのため、高速で書き込み可能だ。瞬断など電圧低下が発生した場合でも、書き込み中のデータを保護できる。

汎用EEPROMとの書き込み時間比較

 インタフェースはSPIを搭載。動作周波数は最大40MHzで、電圧1.8〜3.6Vで動作する。また、消費電力が極めて少なく、動作電流が最大250μA(1MHz動作時)、スタンバイ電流最大50μAとなっている。パッケージは8ピンSOPで、既存のEEPROMからの置き換えも容易だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.