メディア
ニュース
» 2018年09月21日 09時00分 公開

ST STSPIN830、STSPIN840:低中電力モーターを制御するモータードライバ

STマイクロエレクトロニクスは、低中電力モーター制御を簡略化するモータードライバ「STSPIN830」「STSPIN840」を発表した。柔軟な制御ロジックと低RDS▽▽(ON)▽▽のパワースイッチを搭載する。

[EDN Japan]

モーター駆動をシンプルかつ柔軟に制御

 STマイクロエレクトロニクスは2018年8月、7〜45Vの範囲で動作し、低中電力モーター制御を簡略化するシングルチップのモータードライバ「STSPIN830」「STSPIN840」を発表した。4×4mmのQFNパッケージで供給され、現在量産中。単価は1000個購入時に約1.25米ドルで、製品評価と試作開発が可能な拡張ボード「X-NUCLEO-IHM16M1」「X-NUCLEO-IHM15A1」も用意し、単価は16米ドルだ。

モータードライバ「STSPIN830」「STSPIN840」

 STSPIN830は、柔軟な制御ロジックと低RDS(ON)のパワースイッチを搭載する。三相ブラシレスDCモーター用であり、内蔵パワー段の3チャンネルハーフブリッジを制御するためのモード設定端子を備える。U、V、W相のパルス幅変調を直接入力できる他、より柔軟に制御するため各ゲートに対して信号を個別に入力できる。さらに、3シャントまたは1シャントの磁界方向制御用の電流検知の設定を簡略化する。FA機器、生活家電、小型ポンプ、コンピュータ用ファンや汎用冷却ファンなどに適する。

 STSPIN840は、2個のブラシ付きDCモーター、または1個の大型モーターを制御可能だ。内蔵のフルブリッジを2個の独立したブリッジ、または低RDS(ON)と高い定格電流を実現する1個のブリッジとして構成できる。出力ブリッジを、個別または並列に接続して使用することを選択できるので、複数のモーターを駆動する場合、部品点数を削減できる。ATMや舞台照明装置、サーマルプリンタ、紡績縫製機器、自動販売機などに適する。

 STSPIN830、STSPIN840ともに、オフ時間を調整できるPWM電流制御回路や利便性の高い省電力用スタンバイ端子に加えて、堅牢性と信頼性に優れた駆動を実現するための各種保護回路を搭載する。内蔵されたパワー段は、500mΩの低RDS(ON)の独自のパワーMOSFETを採用し、高効率と低コストを両立する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.