メディア
ニュース
» 2018年10月23日 10時30分 公開

STマイクロ ST25DV-PWM:非接触で設定可能なNFCダイナミックタグIC

STマイクロエレクトロニクスは、NFC技術とPWMロジックを組み合わせた、NFCダイナミックタグIC「ST25DV-PWM」を発表した。非接触通信によって、製品の稼働中でもソフトウェアパラメーターを設定できる。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2018年10月、非接触通信によって、稼働中の製品のソフトウェアパラメーターを設定できる、NFCダイナミックタグIC「ST25DV-PWM」を発表した。1000個購入時の単価は、シングル出力の「ST25DV02K-W1」が約0.37米ドル、デュアル出力の「ST25DV02K-W2」が約0.45米ドル。TSSOP-8またはSO-8パッケージで提供する。両製品ともサンプル出荷中だ。

NFC技術とPWMロジックの組み合わせ

 ST25DV-PWMは、NFC技術とPWM(パルス幅変調)ロジックを組み合わせたタグICで、パルス幅、周期メカニズムを使用して制御信号を生成する。ST25DV-PWMには、ST25DV02K-W1、同-W2があり、W1は4mAのプッシュプルPWM出力を1つ、W2は2つ搭載する。PWM出力は、機器のPWMブロックの電源がオンになるとRF回路とは独立して作動し、機器の動作中でもNFCインタフェースを介して設定変更できる。

NFCダイナミックタグIC「ST25DV-PWM」の使用イメージ

 ST25DV02K-W1、同-W2ともに2KビットのEEPROMを搭載し、NFC Type5およびISO、IEC15693準拠のRFIDインタフェースからアクセス可能な256バイト(64ブロック)のユーザーデータ用メモリを含んでいる。

 PWMジェネレーターのパルス幅分解能は62.5ナノ秒。これは最低周波数(488Hz)での15ビットの分解能、最大周波数(31.25kHz)での9ビットの分解能に当たる。

 動作温度範囲は−40℃から非接触インタフェースでは85℃まで(PWMインタフェースでは105℃まで)で、電源デカップリングコンデンサー以外、発振器などの外付け部品は不要だ。

 また、認証用TruST25デジタル署名などのデータ保護機能が搭載され、32ビットおよび64ビットの独立したパスワード保護領域で、内蔵EEPROMへの不正アクセスを防止する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.