メディア
ニュース
» 2018年11月16日 09時00分 公開

浜松ホトニクス 4chパルスレーザーダイオード:車載LiDAR用パルスレーザーダイオード

浜松ホトニクスは、車載LiDAR用「4チャンネルパルスレーザーダイオード」の開発に成功した。放熱性に優れたセラミックパッケージを採用し、105℃までの高温環境下でも安定した光出力を発振する。

[EDN Japan]

 浜松ホトニクスは2018年10月、車載LiDAR(物体にレーザーを照射して3次元情報を得る技術)用「4チャンネルパルスレーザーダイオード」を開発したと発表した。放熱性に優れたセラミックパッケージを採用し、105℃までの高温環境下でも安定した光出力を発振。遠距離、広範囲にある物体をより正確に計測できる。

「4チャンネルパルスレーザーダイオード」

4チャンネルのPLDチップを搭載

 4チャンネルパルスレーザーダイオードは、中空型のセラミックパッケージを使い、CANタイプと同等の高い信頼性と、高温環境下での安定したレーザー出力を有するPLD(パルスレーザーダイオード)だ。

 パッケージには4チャンネルのPLDチップを搭載。現行のCANタイプと比べ出力を4倍に高め、遠距離、広範囲へのレーザー光の照射ができる。PLDチップはパッケージ内に直接実装し、パッケージの電極配線パターンを最適化。レーザー光パルス幅を20%短縮させ、繰り返し周波数の高い動作を可能にした。

距離計測の仕組み

 PLDチップを高密度に実装することで小型化し、外形寸法を5.5×3.8×1.7mmとした。CANタイプと比べて体積は約5分の1で、車載LiDARモジュールに組み込みやすくなっている。

 自動運転車の本格的な量産に向け、2019年から自動車関連メーカーへのサンプル出荷を開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.