メディア
ニュース
» 2018年12月06日 09時00分 公開

ams TMD3702VC:狭額スマートフォン向け3in1センサーモジュール

amsは、カラー、環境光、近接センサーの3つの機能を一体化したセンサーモジュール「TMD3702VC」を発表した。パッケージサイズが極めてスリムなため、ベゼル(縁)レスのスマートフォン開発に適している。

[EDN Japan]

 amsは2018年11月、スリーインワン(3in1)一体型モジュール「TMD3702VC」を発表した。パッケージサイズが極めてスリムなため、ベゼル(縁)レスのスマートフォン開発に適している。現在サンプルを出荷中だ。

 カラー、環境光、近接センサーの3つが一体化しており、赤外線エミッタ、赤外線検出器、4つのカラーセンシングチャンネルと光学フィルターが組み込まれている。近接センサーの垂直共振器面発光型レーザー(VCSEL)クラス1 Eye Safe 940nmエミッタは、競合製品のLEDエミッタと比べて光学的効率性に優れ、消費電力を低く抑える。スリープモードでのデバイスの消費電流は0.7μAだ。

 また、±48度と広い視野をもたらす透光性モールドコンパウンドパッケージを採用。近接エンジンは、電気的、光学的なクロストークを高度に除去し、信頼性の高い近接検出機能を持つ。

 光学センサーのアーキテクチャも性能が高く、周囲光の相関色温度(CCT)を正確に計測する。カラーと環境光のセンシング機能には、紫外線と赤外線の遮断フィルターを備えた赤、緑、青、クリアの4つの環境光検知チャンネルが搭載されている。また、タイミングと電力の調整により、感度や消費電力、ノイズが最適化され、環境光を正確に計測。スマートフォンのディスプレイ表示に関わる照度と色温度の値を計算する。

センシング機能とベゼルレスを両立する、超スリムパッケージ

 これらの機能を備えながら、1.44×2.84×0.65mmと極めてスリムなパッケージサイズで提供される。従来製品と比較して60%以上小型化しており、スマートフォンの開発者は、ベゼルを最小限に抑えて、表示エリアの比率を最大に高めることができる。

スリーインワン一体型モジュール「TMD3702VC」使用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.