メディア
ニュース
» 2018年12月10日 09時00分 公開

NXP MC33771B、MC33772B:次世代車向けバッテリーセルコントローラー

NXPセミコンダクターズは、次世代ハイブリッド車および電気自動車に向けた、バッテリーセルコントローラー「MC33771B」「MC33772B」を発表した。バッテリーパック全体の安全性と信頼性を向上する。

[EDN Japan]

 NXPセミコンダクターズは2018年11月、次世代ハイブリッド車および電気自動車に向けた、バッテリーセルコントローラー「MC33771B」「MC33772B」を発表した。

 独自の車載マイクロコントローラー、パワーマネジメントシステムベーシスチップ、通信トランシーバの包括的ポートフォリオの組み合わせにより、大容量蓄電制御電気自動車向けに、高い測定精度と柔軟な組み込み機能安全メカニズムを提供するように設計。バッテリーパック全体の安全性と信頼性を向上して、自動車メーカーにおける次世代車の開発期間短縮と開発リスクを低減する。

高い測定精度と独自の同期電流検出機能

 全電圧、温度、耐用年数範囲で、96セル高電圧バッテリーセルが、ハンダ付け後でも546マイクロ秒未満での測定データの変換、およびパックコントローラーへの4.1ミリ秒以内、±0.8mVでの精度でデータ送信が可能。また、独自の同期電流検出機能を使用して、劣化状態監視のために高精度セルインピーダンス計算ができる。

 さらに、各セルへの高効率同時充電バランシングのために、0.8Ω MOSFETを各セル向け専用タイマーと統合。組み込み機能安全メカニズムと診断機能を備え、ASIL-Dまでの機能安全を効率的に支援する。

バッテリーセルコントローラー「MC33771」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.