メディア
ニュース
» 2018年12月13日 09時00分 公開

リテルヒューズ CPC1984Yシリーズ:高性能スイッチング向けSIPパワーリレー

リテルヒューズは、高性能スイッチング向けSIPパワーリレー「CPC1984Y」シリーズを発売する。連続負荷電流は最大1A DC/1Armsで、4000Vの入出力絶縁を提供する。

[EDN Japan]

 リテルヒューズは2018年11月、高性能スイッチング向けSIPパワーリレー「CPC1984Y」シリーズを発表した。リテルヒューズの一部門であるIXYS Integrated Circuits Division(IXYS ICD)が開発したもので、国内販売代理店を通じて同年12月上旬より発売する。

連続負荷電流は最大1A DC/1Arms

 CPC1984Yシリーズは、同社普及モデルのパワーリレーの2倍となる最大1A DC/1Armsの連続負荷電流に対応。光結合MOSFET技術を使い、入出力絶縁は4000Vrmsだ。必要となる駆動力が低いため、電力消費を低減する。スイッチング時にアークを抑制するためのスナバ回路が不要になった。

 IXYS ICDの取得特許OptoMOSアーキテクチャを利用した光結合の出力は、高効率の赤外線LEDで制御される。

 通常オン抵抗は0.51Ω、最大オン抵抗は0.66Ω。阻止電圧は600Vで、110、220Vrmsのユニバーサル電源向けの電源供給ラインアプリケーションに対して、ゆとりの設計ができる。また、600Vの阻止電圧定格と1Aの負荷電流に対応する。

 燃焼性規格UL 94 V-0適合の燃焼遅延特性を持つプラスチックパッケージが採用され、産業、モーター制御、電気やガスなどのメーター、計測機器、医療機器、家電などの用途を見込む。

高性能スイッチング向けSIPパワーリレー「CPC1984Y」シリーズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.