メディア
ニュース
» 2018年12月20日 09時00分 公開

リコー電子デバイス R5116、R5117シリーズ:ボルテージディテクタ内蔵の車載向け電源IC

リコー電子デバイスは、ボルテージディテクター内蔵の車載電装機器向け、500mA 42V入力電源IC「R5116」「R5117」シリーズを発売した。高耐圧ボルテージレギュレーターと2つのボルテージディテクターを1つにまとめている。

[EDN Japan]

 リコー電子デバイスは2018年12月、ボルテージディテクター内蔵の車載電装機器向け、500mA 42V入力電源IC「R5116」「R5117」シリーズを発売すると発表した。既にサンプル受注を開始しており、1000個購入時の参考価格は200円(税別)だ。

ボルテージディテクタ内蔵

 両シリーズは、高耐圧ボルテージレギュレーターと2つのボルテージディテクターを1つにまとめることで、部品点数を削減し、実装面積の削減ができる。ボディー系の車載一般装備品向けのK品、車載アクセサリー系向けのA品だけでなく、産業機器向けのY品および民生機器向けもそろえた。

「R5116」「R5117」シリーズ

 R5116シリーズは、出力電圧の上下を監視するボルテージディテクタを内蔵しており、高精度にオーバーボルテージおよび、アンダーボルテージを検出可能だ。R5117シリーズは、入力電圧と出力電圧の低下をそれぞれ監視するボルテージディテクターを内蔵し、入力電圧の低下を素早く後段のデバイスに知らせ、確実なバックアップや誤動作防止ができる。

 現在、5.2×6.2×1.45mmのHSOP-8Eパッケージで供給中。他に、より高放熱で8.8×8.8×0.95mmのHQFN0808-28パッケージも開発中だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.