メディア
ニュース
» 2018年12月25日 09時00分 公開

太陽誘電 WYSAGVDXG、WYSEGVDXG:802.11ac対応の無線通信モジュール

太陽誘電は、IEEE 802.11acに準拠し、最大433Mビット/秒の高速通信に対応した無線通信モジュール「WYSAGVDXG」「WYSEGVDXG」を発表した。

[EDN Japan]

 太陽誘電は2018年12月、IEEE 802.11acに準拠し、最大433Mビット/秒の高速通信に対応した無線通信モジュール「WYSAGVDXG」「WYSEGVDXG」を発表した。12月から量産を開始しており、同社の販売サンプル価格は4500円だ。

 WYSAGVDXGとWYSEGVDXGは、ロボット制御をはじめとするM2Mやバーコードのハンディターミナル、モバイルプリンタ、IoT(モノのインターネット)関連機器向けの無線通信モジュールだ。

 対応する無線規格は802.11a、b、g、n、acとBluetooth v4.2で、インタフェースはSDIOとPCM。−30℃から85℃の範囲で動作する。サイズはどちらも24.0×11.5×2.0mm(高さは最大値)だ。

802.11ac対応の無線通信モジュール「WYSAGVDXG」「WYSEGVDXG」

北米、EUなどの電波法にも適合

 WYSAGVDXGは2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応したデュアルバンドアンテナを、WYSEGVDXGはアンテナ接続用のコネクターを搭載している。また、日本、北米、EUなどの電波法に適合することから、各国で認証を取得する際のコストや時間を削減できる。

 同社では今後、第2世代となるIEEE 802.11ac Wave2への対応に向けて、無線通信モジュールの商品開発を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.