「ゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

東京ゲームショウ2018、総来場者数が過去最多の29万8690人に 「eスポーツ」盛り上がる
最終日となる23日は12万3063人。(2018/9/23)

「本当に好きでゲームやってる感」 本田翼、初のゲーム実況動画が70万再生超え チャンネル登録者は45万人に
再生数、登録者は今も増え続けています。(2018/9/23)

モバクソ畑でつかまえて:
「看板キャラが生粋クズ(27歳)」 公式が商売下手すぎてとうとうユーザーが自発的に宣伝を始めたゲーム「メギド72」を今こそ全力で紹介する
ユーザーの間では「公式が宣伝費を開発費につぎ込んだ」というウワサもあるとかないとか……。(2018/9/23)

なんて日だ! 本田翼、YouTubeでゲーム実況チャンネル開設
初回配信は9月22日21時から。チャンネル登録待ったなし。(2018/9/21)

東京ゲームショウ開幕 eスポーツ普及狙い高額賞金 VRにも人気広がる
世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2018」が20日、千葉市の幕張メッセで開幕し、国内外から過去最大となる668の企業と団体が出展した。(2018/9/21)

30〜40代のゲーム回帰を狙う:
世界最大級の「東京ゲームショウ」開幕、eスポーツ普及へ高額大会も
世界最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2018」が20日、千葉市の幕張メッセで開幕し、国内外から過去最大となる668の企業と団体が出展した。海外で人気の高いコンピューターゲームの対戦競技「eスポーツ」を盛り上げようと、高額賞金の試合も企画。人気シリーズの新作や過去のリメーク作品など、30〜40代のゲーム回帰を狙った出展も目立った。(2018/9/21)

東京ゲームショウ2018:
自動運転車でデートするVR トヨタ紡織などがコンセプト展示
トヨタ紡織、自動運転システムを開発するティアフォーと同社子会社のシナスタジアの3社が「東京ゲームショウ2018」に出展。自動運転車に座ってヘッドマウントディスプレイを装着すると、憧れの女の子とVR空間でデートができるというコンセプト展示。(2018/9/20)

「アナザーエデン」ガチャ再抽選プログラムの影響について調査結果公表 ★3★4の出現率は表記と0.06%差、★5には影響なし
「ゲーム内で表記しているものと実績値の間に大きな影響は確認できませんでした」としつつも、やはり「不適切な部分があった」として謝罪しています。(2018/9/20)

東京ゲームショウ2018:
「操作が難しいなら投げればいい」 前代未聞の“コントローラーを実際に投げるVRゲーム”登場
VRアトラクションの企画・制作をするハシラスが、実際にコントローラーを投げて遊ぶVRゲームを開発した。(2018/9/20)

東京ゲームショウ2018:
人工知能がボケてツッコむ「AI芸人」 NTTレゾナントが開発
NTTレゾナントが、LINEのトーク上でボケてツッコむAI(人工知能)を開発した。ユーザーとの自然な会話ができるゲームキャラクターの作成などに応用する考え。(2018/9/20)

東京ゲームショウ2018:
仕事疲れを「VRカレシ」に癒やしてもらってきた 喫茶店で「遅かったな」と迎えてくれる
VRコンテンツを提供するIVRが「東京ゲームショウ2018」にゲームアプリ「VRカレシ」を出展した。(2018/9/20)

東京ゲームショウ2018:
「プレステ クラシック」世界初披露 復刻は「前々から計画」
往年のゲーム機「プレイステーション」をミニサイズで復刻した「プレイステーション クラシック」を、ソニーが発売する。(2018/9/20)

「東京ゲームショウ2018」開幕 eスポーツ大会としての色強まる
「東京ゲームショウ2018」が開幕した。eスポーツ大会「e-Sports X」(イースポーツクロス)が目玉。(2018/9/20)

東京ゲームショウ2018:
「予想以上の売れ行き」 タイトーの家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」、第2弾も投入予定
タイトーが「東京ゲームショウ2018」で、アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」を展示している。(2018/9/20)

MR版「Angry Birds」、「Magic Leap One」向けにリリースへ
Magic LeapのMR(複合現実)メガネ「Magic Leap One」の開発者モデル向けに「Angry Birds」のファーストパーソンゲームがリリースされる。コントローラでスリングショットを操作し、テーブル上などに出現する悪い豚さんの陣地に向かって鳥たちを発射する。(2018/9/20)

「メガドライブ体組成計」「ドリームキャスト体組成計」が発売 タニタとセガがコラボ
懐かしのゲーム機に乗って健康をチェックしよう。(2018/9/19)

セガサターンに続き:
タニタ、「メガドライブ」「ドリキャス」再現した体組成計を発売 箱まで本物そっくり
タニタがセガグループの家庭用ゲーム機とコラボ。「メガドライブ体組成計」「ドリームキャスト体組成計」を発表。前者は10月29日、後者は11月27日に発売する。(2018/9/19)

スマホゲーム「アナザーエデン」、ガチャ不正操作で謝罪 「特定のケースで再抽選を行う内部プログラム」の存在が発覚
かなり限定的なケースとは言え、プログラムによって排出結果を操作していたことが発覚してしまった形に。(2018/9/19)

「メガドライブ ミニ」発売延期 2019年に
家庭用ゲーム機「メガドライブ ミニ」(仮称)の発売時期が2019年に延期。北米版、欧州版も用意し、全世界で同時期に発売するとしている。(2018/9/19)

YouTube、ゲームコンテンツでTwitch対抗強化、「YouTube Gaming」アプリは終了へ
YouTubeがゲームコンテンツの新しいポータル「YouTube Gaming」をまずは米国で開設した。iOSおよびAndroid版YouTube Gamingアプリは2019年3月に提供を終了し、YouTubeアプリに1本化する。(2018/9/19)

欧米のギャンブル規制当局、ルートボックスに関する共同声明を発表 「賭博とゲームのぼやけた境界線に懸念」
この宣言を機に、ゲーム開発者と建設的な対話ができると期待しているとのこと。(2018/9/18)

アーケード筐体を4分の3サイズで タイトー、家庭用「ARCADE1UP」発売
アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」を、タイトーが12月に発売する。(2018/9/18)

Google Play、ポイントプログラム導入 アプリ購入でポイント付与、ゲーム内アイテムと交換も
Google Japanが「Google Play Points」を導入。Google Playの支払いなどで獲得したポイントを、ゲームアプリ内のアイテムなどと交換できるようになる。(2018/9/18)

クレーンゲームで起きた大事件が衝撃的 「こんなこと起きるんだ」「声だして笑った」
思わぬ部分をつかんでしまったクレーンさんです。(2018/9/16)

子どもを守るITリテラシー学:
子どもの「プログラミング教育」はゲームから始めるべき?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりました。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。前回までセキュリティのテーマが続きましたが、今回はゲームで楽しみながら「プログラミング的思考」を伸ばすための方法について紹介します。(2018/9/16)

Steam初の無修正アダルトゲーム「Negligee: Love Stories」、日本を含む26か国で販売できず 各国の法に準拠するため
ですよね……。(2018/9/15)

「Nintendo Switch Online」で遊べるファミコンタイトル、初期ラインアップ20本と追加予定タイトル9本が判明
ゲームの秋がやってくる……!(2018/9/15)

車が傾くほど百円玉:
「名古屋撃ち」も話題に ゲームブームの元祖「スペースインベーダー」40周年の軌跡
ゲームセンターの主役で一大ブームになったビデオゲーム「スペースインベーダー」が、誕生から40周年を迎えた。開発したゲームメーカー「タイトー」は、JR大阪駅前の複合商業施設「ヨドバシ梅田」内に専門店を期間限定で展開するなど、節目の年を盛り上げようとしている。(2018/9/15)

SEGAハードをモチーフにしたmicroSDカードセットが発売 メガドライブ生誕30周年・ドリームキャスト生誕20周年の記念グッズ
あの時やったゲームの記憶が今蘇る!(2018/9/15)

Nintendo Switch向けに再現した「ファミコンコントローラー」 オンラインサービス加入者限定
Nintendo Switchに配信されるファミコンゲームを、ファミコンコントローラーで遊べるように。(2018/9/14)

スポーツ新時代 “e”の可能性:
茨城でeスポーツが熱気 茨城国体にあわせ都道府県対抗大会 15日にはプレ大会も
世界的に広がりをみせるコンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」が、茨城県内でも熱気を帯び始めている。来年秋に行われる茨城国体の文化プログラムとして開かれる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の日程が同年10月4〜6日に決まり、今月15日には県内向けの茨城プレ大会も開催される。同県はeスポーツを国体の開催理念に掲げられる「県民総参加」の象徴に据え、年齢や体力に関係なく競い合える面白さや醍醐味(だいごみ)を広めたい考えだ。(2018/9/14)

“理想のカレシ”と恋愛「VRカレシ」配信へ 髪形や筋肉量などカスタマイズ
IVRが、女性向けゲームアプリ「VRカレシ」の詳細を発表した。3Dキャラの容姿、声、性格を自分好みに設定した「カレシ」と恋愛が楽しめるという。(2018/9/13)

見ているだけで楽しい「漢字が戦う格闘ゲーム」の攻撃モーション集 キャラセレ画面の時点で完成度高い
こういう技ある。(2018/9/13)

ピカチュウとイーブイの特別なNintendo Switch、11月発売 ドックやJoy-Conの単品販売も
任天堂は、新作ゲームソフト「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ」の発売に合わせ、特別仕様のNintendo Switchを11月16日に販売する。ピカチュウとイーブイがたくさん。価格は3万7800円(税別)。(2018/9/11)

“自殺ゲーム”世界中でじわり拡散 ネットユーザーを脅迫・洗脳、「モモチャレンジ」要警戒
インターネット上で「モモチャレンジ」と呼ばれる“自殺ゲーム”が流行しつつある。匿名の“犯人”から送られてくる「チャレンジ」をこなしていくうち、内容がエスカレートしていき、最終的に自殺に至ってしまうというものだ。既にモモチャレンジとの関連が疑われる自殺が世界各国で確認されている。インド国内でも相次いで若者が命を絶ち、政府が注意を呼びかける事態に発展した。(ニューデリー 森浩)(2018/9/11)

ゲームクリエイター・田尻智:
ポケモン誕生に6年かかった――生みの親が振り返る
ミニコミ誌「ゲームフリーク」が会社組織となった平成元年、任天堂から通信ケーブルのついた携帯用ゲーム機「ゲームボーイ」が発売される。これがポケットモンスター(ポケモン)構想に火を付けた。(2018/9/11)

「ブルーホエール」(青い鯨)に続き:
新たな“自殺ゲーム”世界中でじわり拡散 ネットユーザーを脅迫・洗脳、「モモチャレンジ」要警戒
 インターネット上で「モモチャレンジ」と呼ばれる“自殺ゲーム”が流行しつつある。匿名の“犯人”から送られてくる「チャレンジ」をこなしていくうち、内容がエスカレートしていき、最終的に自殺に至ってしまうというものだ。既にモモチャレンジとの関連が疑われる自殺が世界各国で確認されている。インド国内でも相次いで若者が命を絶ち、政府が注意を呼びかける事態に発展した。(ニューデリー 森浩)(2018/9/11)

「なんで私この仕事選んだんだろ」 ゲーム業界で働く彼女が心に湧いた疑問の答えを思い出すお仕事漫画
共感したり、元気をもらえるお話です。(2018/9/11)

PR:横浜DeNAベイスターズの“良質な非常識への挑戦”をチームワークが支える
プロ野球セントラル・リーグの人気球団、横浜DeNAベイスターズ。同社は横浜ベイスターズのオーナーがDeNAに切り替わった2011年12月1日に誕生した。誕生後の2012年シーズン以降、次から次へとユニークな集客施策を打ち出し、ホームゲームの観客動員数を急伸させたことで広く知られる。その躍進を支えているのは、組織の縦横を貫くチームワークであるという。(2018/9/11)

一切普通じゃない「ごく普通のシカのゲーム DeeeerSimulator」のTwitterアカウントが誕生! 狂気、カオス、理解不能
「普通」って、何だ……?(2018/9/11)

ゲームばっかしてないであたちと遊んでー! かまってほしいハムスターが飼い主の周りをウロウロする姿がかわいい
うらやましい。(2018/9/10)

Steamで「Hentai」ゲームと呼ばれる作品が急増中 「Hentai」ゲームの実態と、その裏に隠れた問題とは
ただ質が悪いだけじゃない。(2018/9/9)

人気漫画『やれたかも委員会』がボードゲーム化! “やれたかもエピソード”をみんなで判定
男女の飲み会にピッタリなゲームです。(2018/9/8)

ゲームクリエイター・田尻智:
ポケモン考案につながった「昆虫採集」とインベーダーゲーム
新製品が次々に登場し、入れ替わりの激しいゲームソフトの中で、異例のロングヒットを続ける「ポケットモンスター(ポケモン)」シリーズを生み出した田尻智さん。その原点は、昆虫採集などに夢中だった小学生時代の体験にあった。(2018/9/7)

IFA 2018:
スマート照明「Hue」に防水・防塵モデルなど新顔続々 ゲームと連動して色が変わるプログラムも
Philips(フィリップス)は、「IFA 2018」でスマートLED照明「Hue」の新製品35機種を一挙に発表した。防滴加工を施し、浴室でも使える初のモデルや、防水・防塵対応のアウトドア用のモデルも登場する。(2018/9/6)

ゲームクリエイター・田尻智:
「ポケモン」生みの親に聞く Pokemon Goは「画期的だった」
世界中で人気のゲームソフト「ポケットモンスター(ポケモン)」を考案した田尻智さん。平成8年にシリーズ第1作を発売してから22年余り、アニメやカードゲームなどさまざまに“進化”するポケモンを、原案者として支え続けている。(2018/9/6)

今日のリサーチ:
LINEとゲーム以外に使われているアプリとは?――三菱東京UFJ&コンサルティングなど調査
三菱東京UFJ&コンサルティングは、スマートフォンの利用実態を実際の操作データを基に分析しその結果を発表しました。(2018/9/6)

生きとったんかワレ! 伝説のゲームキャラ「オプーナ」がなぜか突然Twitter開始
オプーナをフォローする権利をやろう。(2018/9/4)

美少女ゲームメーカー「ミンク」が2018年で“終演” 25年の歴史に幕 「夜勤病棟」シリーズなど
「ミンクはもう時代ではないとの判断に至りました」(2018/9/4)

けん玉初心者がVRで特訓、9割が現実でも「できた」 驚きのVRゲームが生まれたワケ
VRでけん玉を練習すると、現実でもけん玉が上手になるVRゲームが登場。「本当にできるようになる」と体験した人の間で話題だ。開発者に話を聞いた。(2018/9/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.