「ゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

“山になれる”謎のゲーム「Mountain」に大型アップデート到来→“めっちゃきれいな山になれる”ゲームに
グラフィックが向上しても、山の気持ちは相変わらず分かりません。(2018/12/14)

eスポの先駆け『ゲームセンターあらし』が復活 新作「プロゲーマー編」、現代のゲーム大会であらしが大暴れ
12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載。(2018/12/14)

効率化へのインセンティブなき「異常」:
金魚すくいにテレビゲームが「仕事」? “虚業”化した障害者雇用をどう変える
自身も脳性麻痺(まひ)の子どもを持ち、『新版 障害者の経済学』などの著作もある慶應義塾大学の中島隆信教授が、障害者雇用の問題点を指摘した。(2018/12/14)

ゲーム攻略サイト「GameWith」が電子コミック 読むと「ガチャ」引ける
スマートフォンゲーム攻略情報サイトを運営するGameWithが、電子コミックサービス「MangaWith」の提供を始めた。対象のマンガを読むとゲームアイテムがもらえるキャンペーンを毎月展開。(2018/12/13)

ハリウッド版「モンハン」、ハンドラー役に山崎紘菜 ミラ・ジョヴォヴィッチも絶賛「ゲームから飛び出してきたみたい」
山崎さん「期待を裏切らないように演じられたら」。(2018/12/13)

ポケモンGOの対人戦「トレーナーバトル」始まる
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で、予告されていた対人戦「トレーナーバトル」機能がついに実装された。まずはレベル10以上のトレーナー向けに提供し、順次他のレベルにも開放する。(2018/12/13)

「フォートナイト」のEpic Games、クロスプラットフォームゲームSDKを無償公開へ
オンラインゲーム「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesが、フォートナイトでも採用するクロスプラットフォーム技術を含むSDKをゲーム開発者に無償で提供する。同社は独自のゲームストアをオープンしたばかりだ。(2018/12/13)

ゲーム業界で特許紛争は必然:
今年の「ゲームと特許」を振り返る 古参VS新参、紛争回避に真剣議論を
平成最後の年の瀬も残すところあと数週間である。今年も特許に関する多数のニュースがあった。筆者がゲーム好きだからというわけではないが、中でも任天堂がコロプラを訴えたニュースが最も世の中をにぎわしたように思う。前にもこの事件について取り上げた際に述べたが、ゲーム業界で特許紛争が生じるのは必然である。(2018/12/13)

「ポケモンGO」で挫折した私が「テクテクテクテク」を楽しめている理由
ドワンゴのスマートフォン向け位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が11月に配信された。既存の位置情報ゲーム「Pokemon GO」とはどこが違うのだろうか。(2018/12/13)

相手のスマホを狙い撃ち ARシューティングゲーム「ペチャバト」登場
アプリ開発などを行うGraffity(東京都渋谷区)が、AR(拡張現実)を使ったシューティングゲームアプリ「ペチャバト」の正式提供を始めた。(2018/12/12)

遊び? 実は隠れた戦略が:
FGO運営会社がFGOと関係ないボードゲームを作る深い訳 塩川氏に直撃
スマホゲーのFGO運営会社がボードゲームを制作。趣味ではなく新人社員への教育が狙い。ゲーム作りを最初から最後まで実践させて経験値を高める。(2018/12/12)

タニタ、とうとうゲーム機能内蔵体組成計を開発 ピンボールを楽しみながら健康管理できるぞ
ゲーム関連の製品をよく作ってると思ったら……。(2018/12/11)

ピンボールで遊べる体組成計、タニタが開発 CES 2019に出展
体重計メーカーのタニタが、ピンボールゲームで遊べる体組成計「TANITA PINBALL」を開発した。2019年1月に米国ラスベガスで開催される「CES 2019」でコンセプトモデルを披露する。(2018/12/11)

相模鉄道がまさかのゲーム化 名作「A列車で行こう」ベースのスマホゲーム「相鉄線で行こう」無料で配信
沿線住民でなくても、鉄道好き、シミュレーションゲーム好きは楽しめるはず。(2018/12/11)

国内eスポーツ市場、48億円規模に 前年比13倍 Gzブレイン調べ
ゲーム関連事業を行うGzブレインが、日本国内のeスポーツ市場規模を発表。2018年は前年比13倍の48.3億円と推定された。22年には100億円規模に成長する見込み。(2018/12/11)

LINE QUICK GAMES、再開を再延期 「調整に時間がかかっている」
「LINE」上で遊べるゲームサービス「LINE QUICK GAMES」の再開が再延期。12月11日日正午から順次再開予定だったが、「調整に時間がかかっている」という。【追記あり】(2018/12/11)

ファミコンに新作リズムゲーム「8ビットリズムランド」登場 楽曲提供にゲーム音楽界のレジェンドが集結
メガドライブ用の「16ビットリズムランド」も発売予定。(2018/12/10)

NASA公式、トニー・スターク捜索を支援するツイート 「アベンジャーズ/エンドゲーム」予告公開を受けて
最高かよ。(2018/12/10)

「痔(ぢ)ゲーマー」をいたわるゲーミングクッション登場 ゲーミング家具ブランド「バウヒュッテ」から
これで長時間のゲームもデスクワークも安心!(2018/12/10)

JOYSOUNDがカラオケランキングを発表 2018年に1番歌われた曲は「Lemon」
アニメ/特撮/ゲームランキングではあの定番曲が5年ぶりに1位に……!(2018/12/7)

終了:【Amazonサイバーマンデー】キャンペーン併用でPS4本体がヤバい! Nintendo Switchのギフトセットもタイムセールに
PS4、Switchなど人気のゲーム機をまとめました。(2018/12/7)

「キャラの衣装が消える」バグが報告された「ラブライブ!」アーケードゲーム、8日に稼働再開へ
メンテ入りから2日後の再会となりました。(2018/12/7)

からあげクンとFF XIVがコラボ ゲーム開発部が監修した「リミットブレイク」フレーバーが限定発売
モーグリのパッケージが目印。(2018/12/7)

PR:冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!
冬休みは最新ゲームタイトルをとことん楽しみたい! でもゲーミングPCは高価だし……そんな人にオススメなのが「G-Tune」。幅広いラインアップやBTOメニューで自分にぴったりの製品を選べるだけでなく、ゲーマーのニーズを追求したデザインや抜群のコストパフォーマンスが見どころだ。性能と価格のバランスがいい鉄板構成を紹介する。(2018/12/7)

「FF7」「サクラ大戦」「グンペイ」何歳のときプレイしたか覚えてる? 時の流れを感じてしまう“ゲームの発売年”
ポリゴンが超リアルに見えた不思議。(2018/12/7)

「ラブライブ!」アーケードゲームに「重篤な不具合」 キャラが衣装を着ていない状態に
稼働したばかりでしたが……。(2018/12/6)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

「LINE POP」終了 LINE GAME初期にヒット、6年で幕
「LINE POP」が12月4日に終了した。2012年に提供を始めたパズルゲームで、累計4700万ダウンロードを記録するなどヒットしたが、近年は利用者が減少していたとみられる。(2018/12/5)

ポケモンGOの対人戦は「さくっと遊べて戦略性も」 報酬に「シンオウのいし」
米Nianticが「ポケモンGO」にプレーヤー同士の対戦機能「トレーナーバトル」を追加すると正式に発表しました。ポケモンバトル本来の戦略性とスマホゲームならではのシンプルさ——その両立を目指しました。(2018/12/4)

仮想世界の都市、AIが自動生成 ゲーム開発のコスト軽減 NVIDIAが新技術
米NVIDIAが、現実世界の映像を学習させたAIに、都市の3Dモデルを自動生成させる技術を公開。(2018/12/4)

デル、ゲーミングPC購入で「CoD: BO4」ゲームコードをプレゼント 値引きキャンペーンも
デルは、「Dell G」シリーズおよび「ALIENWARE」対象モデル購入者に「Call of Duty: Black Ops 4」ゲームコードをプレゼントするキャンペーンを開始した。(2018/12/4)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
ASUSはなぜ日本でゲーミングスマホを投入するのか? 「ROG Phone」の狙いを聞く
ASUSは、ゲーミングに特化したスマートフォン「ROG Phone」を発売した。両手持ちした際にゲームのコントローラーのように人差し指で操作できるなど、ゲームの操作感にもこだわって開発された。同社が日本でROG Phoneを投入する狙いを聞いた。(2018/12/4)

日本で根付くか、対戦型ゲームの競技化 北米のDFS市場から考える
「eスポーツ」として行われるゲームは幅広い。eスポーツとは別に、欧米では「ファンタジー・スポーツ」と呼ばれる架空のスポーツチームを作成するシミュレーションゲームも盛んだ。(2018/12/3)

無償の自動作曲ツールも
AIによる作曲はゲームに新たな命を吹き込むのか?
インディーズのゲーム開発者は、プロシージャル生成を活用してゲームにさまざまな要素を組み込んでいる。その世界にAIが生み出す音楽が加われば、活気に満ちた現実のような世界を作り出せるかもしれない。(2018/12/3)

おにぎり→「コメの集合体」 食いしん坊の子どもの前で食べ物の名前を隠語に変える漫画に子育て中のママからの共感の声多数
連想ゲームかっ!(2018/12/3)

ポケモンGOに対人戦「トレーナーバトル」登場へ 初心者にも優しい3リーグ制で
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)に対人戦「トレーナーバトル」がまもなく登場する。公式Twitterアカウントがゲーム画面などを公開した。(2018/12/1)

女性向けスマホゲーム「マジカルデイズ」終了 2周年を目前に「運営継続が困難な事象」
公式の更新が止まっており、ファンから不安の声が上がっていました。(2018/11/30)

ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」配信開始 今後は「レイドバトル」「牧場」を実装
アップデートは2019年1月下旬に行う予定。(2018/11/29)

「R-TYPE」界のアイドル「ドブケラドプス」がfigmaで登場 愛らしいフォルムやウネウネ動く尻尾もバッチリ再現
プレイヤー機の「R-9」と専用台座付きで、ゲーム同様に飾れます。(2018/11/29)

第1弾は「ストII」 ゲームカセット風のモバイルバッテリー「SUPER BGAME」登場
ゲームカセット風のモバイルバッテリー「BGAME(ビーゲーム)」に、容量がアップして2台同時充電できる上位版が登場。第1弾は「ストリートファイターII(ストII)」風だ。(2018/11/29)

「Nintendo Switch」、米感謝祭の5日間でWii超えの好調ぶり
「Nintendo Switch」の年末商戦序盤(11月22日〜26日)の米国での販売台数がWiiが打ち立てた記録を超え、任天堂のゲーム機として最も売れた製品になった。任天堂製品のこの5日間の米国での売上高は284億円を超えた。(2018/11/29)

「メダロット」スマホゲーム開発へ 21周年で新展開
1997年にゲームボーイ向けソフトとして発売された「メダロット」初となるスマートフォン向けゲームが開発される。(2018/11/28)

ドローン、家庭ゲーム機市場に匹敵か 成長戦略の一翼
小型無人機、ドローンにかかわるスクールができるのは、機器の操縦や開発などを担う人材の需要が高まるとみられているためだ。(2018/11/28)

凡人だから有利な点がある:
凡人の起業法 40カ月でKDDIグループに事業売却できた社長の秘密
小原さんは、スマホゲームメディア企業を創業し、わずか40カ月でKDDIグループに売却を果たした起業家だ。しかし、起業には素晴らしいビジョンもいらないし、極端な話事業計画さえなくていいと言う。代わりに最も重要なこととは……。(2018/11/28)

「子どもが歯磨き好きになった」 歯磨きとゲーム組みあわせたアプリ「はみがき勇者」に保護者から称賛 開発元に話を聞いた
スマホの画面に向かって歯磨きすると、敵を攻撃――子どもが歯磨きを進んでやるようになったと評判のアプリについて取材しました。(2018/11/27)

新会社「バンダイナムコ研究所」設立 AIなど研究、ゲームに閉じないエンタメ創出へ
バンダイナムコエンターテインメントは、AIなどを専門的に研究する100%子会社「株式会社バンダイナムコ研究所」を4月1日付で設立すると発表した。(2018/11/27)

モーセ+ナイチンゲール+チンギスハン=「モチンハン」 偉人のキメラを作って最強を目指すカードゲームがじわる
偉人を召喚して聖杯を求める――どこかで聞いたような設定が、トラブルのせいでカオスの極みに。(2018/11/26)

ガンダムのボードゲーム「GUNDAM THE GAME」予約開始 アムロやセイラとなってミッションに挑む
販売開始は2019年3月下旬。(2018/11/24)

いろんな「はぁ」をみんなで演技して当て合う! 「ぷよぷよ」の開発者考案「はぁって言うゲーム」が楽しそう
力をためる「はぁ」、感心の「はぁ」、失恋の「はぁ」。(2018/11/25)

JRA×劇場版「Fate/stay night〔Heaven's Feel〕」第2章コラボ! ライダーさん大活躍の横スクロールゲーム&謎解き脱出ゲームが公開
けっこう難しい……!(2018/11/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.