「サーバ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

顔認証用のカメラ機能を同時開発:
サングラス着用でも顔の照合が可能に――パナソニックのディープラーニングを活用した顔認証ソフト
パナソニックは新たな顔認証システム「FacePRO」を構成する「顔認証サーバソフトウェア」を発売する。角度がついた顔画像や、サングラスなどで一部が隠された画像でも照合可能。カメラで顔認証に最適な画像を狙って撮影し、必用な画像のみをサーバに転送する機能も開発した。(2018/2/22)

人工知能ニュース:
パナソニックの顔認証技術、複数の深層学習構造を組み合わせて精度を向上
パナソニックは、ディープラーニング(深層学習)技術を用いた顔認証システム「FacePRO」の中核を成す「顔認証サーバーソフトウェア」を発表した。従来技術では難しかった、顔向きが正面から左右45度や上下30度にずれている場合や、サングラスなどで顔の一部が隠れている場合でも顔認証が可能になるという。(2018/2/21)

Ampere Computing:
Intel元社長、サーバ向けArm SoCで再始動
2015年にIntelを退任した、元プレジデントのRenee James氏が、Ampere ComputingのCEOとして、データセンター向けサーバ向けArm SoC(System on Chip)を発表した。データセンター向けサーバ市場は現在、Intelの独占状態だ。(2018/2/20)

「申し込み殺到でサーバがパンク状態」 飲食店“ドタキャン”防止システム 19日からスタート
飲食店が、客の直前キャンセル歴を確認できるサービスが19日からスタートする。申し込みが殺到しているという。(2018/2/16)

ホワイトペーパー:
クラウドで使ってみたい「サーバレス」機能、AWSとAzureを比較
主要クラウドベンダーがこぞって提供し始めているサーバレス機能。人気の秘密はコスト効率の高さと管理作業の削減にある。このコンテンツでは、サーバレスの魅力と、Amazon Web Servicesの「AWS Lambda」とMicrosoftの「Azure Functions」について比較しながら解説する。(2018/2/16)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(1):
サポートが終了するサーバOSを使い続けるリスクを考える
Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日まで後2年を切った。今後、さまざまなところでサポート終了に関するトピックを目にする機会が増えるだろう。そもそも、サーバOSのサポートが終了する影響とは、どのようなものなのだろうか。本連載では、Windows Server 2008/2008 R2を新しいサーバOSへ切り替える必要性やメリットなどを解説する。(2018/2/16)

Intelの牙城を切り崩せるか:
Intelの元社長、サーバ向けArm SoCで再始動
2015年にIntelを退任した、元プレジデントのRenee James氏が、Ampere ComputingのCEOとして、データセンター向けサーバ向けArm SoC(System on Chip)を発表した。データセンター向けサーバ市場は現在、Intelの独占状態だ。(2018/2/7)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】ファイルサーバに関するアンケート
本アンケートでは、勤務先でのファイルサーバに関する製品・サービスの導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/2/7)

現場も情シスも喜ぶ、逆転の発想:
知っていた? 現場へ移管できるファイルサーバアクセス権管理手法
ファイルサーバのアクセス権管理は、情報漏えいリスクに直結するため放置はできない。安全にアクセス権管理の手間を省くには?(2018/2/2)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
最終回 NASで断捨離すると、いいこともいろいろ
ファイルサーバとしてNASを導入してみよう。今回は、管理する立場から見た、WindowsファイルサーバとNASの管理機能の違いや、NASだと便利な機能などについて解説する。(2018/1/31)

サーバやPCの「カルテ」を作成
マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない?
サーバやクライアントPCのサポートサービスは、どれも同じように思われがちだ。しかし、それは誤り。ユーザーのことを本当に分かってくれるサポートとは? (2018/2/2)

小さな怪物サーバ登場!!:
PR:世界が「真のリアルタイム」を手にする日
稼働率99.999%を実現するミッションクリティカルサーバであり、最大896コア/48TBメモリを1つのOSから利用できるスケーラビリティを誇る「HPE Superdome Flex」。4人のキーパーソンにその強みを聞いた。(2018/1/26)

見える化だけで満足するな
使い勝手に差が出るファイルサーバ整理術
容量削減を目的にファイルサーバの「見える化」を行ったものの、そこから先に進まないケースは多い。実際の整理につなげるために次になすべき3手とは?(2018/1/26)

自然エネルギー:
外気と雪で冷やすデータセンターが長岡に開所、地方創生に大きな期待も
データドックは2018年1月22日、同社が運営するデータセンター「新潟・長岡データセンター」の開所式を開催した。最新鋭の運用設備を導入しつつも、長岡市の冷涼な気候を生かした空調とサーバ排熱による水耕栽培、地元経済や人材の活用を行うなど環境と地域に優しいデータセンターだ。(2018/1/25)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第2回 WindowsファイルサーバをNASで断捨離する際のチェックポイント
WindowsファイルサーバをNASに置き換えても、問題はないのか? 既存のファイルなどはそのまま移行できるのか? NASのさまざまな機能をチェックしてみる。(2018/1/23)

大山聡の業界スコープ(1):
サーバ、スマホ、そしてIoTで高成長を維持! 電機/半導体業界2018年展望
新連載「大山聡の業界スコープ」。第1回は2018年のエレクトロニクス/半導体業界を占う。(2018/1/23)

Intel、脆弱性対策パッチによるリブート増加問題やパフォーマンスへの影響について説明
「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性の対策パッチによってリブートが増加する問題や、サーバのパフォーマンスに及ぼす影響を調べたベンチマークの結果について報告した。(2018/1/19)

Java、Node.js、C#、Pythonに続き対応言語を増加:
AWS、サーバレスの「AWS Lambda」でGo言語と.NET Core 2.0をサポート
AWSは2018年1月15日、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」で、プログラミング言語のGoと.NET Core 2.0をサポートしたと発表した。(2018/1/17)

ファイルサーバの秩序を取り戻せ
「不要なファイルはどれ?」を教えてくれるファイルサーバ管理 驚きの仕組みとは
ファイルサーバの状況を可視化し、業務データを正しく管理することは企業の内部不正対策になる。本稿では、そんな複雑な作業をスムーズに進められる製品を紹介する。(2018/2/19)

Macを狙う新手のマルウェア、DNS設定乗っ取られる恐れ
新手のマルウェア「OSX/MaMi」に感染すると、DNSサーバを乗っ取られ、通信に割り込む中間者攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2018/1/16)

中古PC活用:
NAS4Freeをインストールして中古PC/サーバでNASを作ってみよう
中古PC活用の第5弾。今回は、NAS用OSをインストールして、NASを構築してみる。NAS用OSにはさまざまあるが、今回はLinuxベースの無償NAS用OS「NAS4Free」を取り上げる。(2018/1/12)

ランサムウェアは増加の一途、脆弱性の見直しが急務――トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」を発表
トレンドマイクロが、「2017年国内サイバー犯罪動向」を発表。企業における2017年のサイバー攻撃の三大脅威は、ランサムウェア「WannaCry」、公開サーバからの情報漏えい、ビジネスメール詐欺(BEC)だった。(2018/1/11)

古いマシンで目立って低下:
セキュリティパッチ適用でPC・サーバーの速度低下=Microsoft
Microsoftがリリースしたセキュリティパッチで、古いIntelプロセッサを搭載するPCやサーバの一部で速度が落ちたという。(2018/1/10)

人工知能ニュース:
消費電力が従来比8分の1のAIサーバを米国ベンチャーと開発へ
ソシオネクストは、AIプロセッサを開発する米Gyrfalcon Technologyと、AI分野でのソリューション開発と提供において戦略的パートナーシップを締結した。コンパクトで低消費電力のAIシステムの提供を目指す。(2018/1/9)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第1回 今どきのNASでWindowsファイルサーバは置き換えられる?
古くなったWindowsファイルサーバを断捨離してNASにすることは可能か? 最近のNASはとても高機能で、ファイル共有だけではなく、運用を簡単にするさまざまな機能も持っている。(2017/12/28)

さくら、TITAN X搭載GPUサーバサービスの新規提供を一時停止 NVIDIAのライセンス条件変更で
「TITAN X」を搭載したGPUサーバーサービス「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ Quad GPUモデル」の新規受け付けが一時停止。NVIDIAのドライバソフト使用に関するライセンスが改訂されたため。(2017/12/22)

製造業IoT:
LoRaWANにも対応するIoT用の小さなサーバ「OpenBlocks IoT VX2」、リモート管理も可能に
ぷらっとホームはIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と、「OpenBlocks IoT Family」向けファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0(FW3.0)」を発表。LTE/3G通信や次世代IoT通信規格「LoRaWAN」にも対応した。SaaS型遠隔管理サービスである「Air Manage for IoT」も標準で利用可能だ。(2017/12/20)

セキュリティ企業がサイバー攻撃の被害に、ドメイン登録業者が盲点
セキュリティ企業「Fox-IT」のDNS情報が何者かに改ざんされ、トラフィックが攻撃者のサーバへ一時的にリダイレクトされる被害に遭った。(2017/12/20)

「ふるさと納税」大みそか対策 ヤフー、決済サーバ能力最大3倍に
ヤフーが、1年間で最もふるさと納税の寄付が集中する大みそかに備えて、決済用のサーバーの能力を前年比2〜3倍に増強した。(2017/12/19)

IoT問題はモバイル技術で解決せよ:
「エッジにシフト」なIoTでQualcommを選ぶ理由
IoT(モノのインターネット)の活用が広がるとともに従来の「エッジ→クラウド転送→サーバ処理」では対応できない場面が増えつつある。エッジ側の処理能力向上が急務だが、そこには解決しなければならない問題が山積している。(2017/12/18)

「使った瞬間に違いが分かるほどのパフォーマンスの向上が見られる」:
PR:最新版SPARC M8登場! Software in Silicon v2で何が強化されたの? Solaris 11.4はどうなるの?
2017年11月16日にOracle SPARCサーバ製品のユーザー限定セミナー「Oracle SPARC Leaders Club」が行われ、最新の「Oracle SPARC M8」プロセッサを搭載した新サーバについての説明がありました。このセミナーでは、米国のOracle本社からプロダクトマネジメント担当のバイスプレジデントであるMarshall Choy(マーシャル・チョイ)さんが来日して講演しました。SPARCはこれまでどのように進化してきたのか。最新のSPARC M8プロセッサでは、どのような進化を遂げたのか。そして、SPARC/Solarisは今後どうなっていくのかについてお話を伺います。(2017/12/18)

オンプレミスで利用可能な仮想マシンイメージも提供:
AWS、LinuxサーバOSの次期バージョン「Amazon Linux 2」のLTS候補版を提供開始
AWSは、Linuxディストリビューション「Amazon Linux 2」の「LTS Candidate」(長期サポート候補版)を提供開始した。Amazon EC2用のAMI、Dockerコンテナイメージ、主要な仮想化ソリューション用の仮想マシンイメージで提供されている。(2017/12/15)

国内屈指の専門家が語り尽くす
ネットワーク仮想化が当たり前になっていない理由
サーバ、ストレージに続く仮想化の第3の波である「ネットワーク仮想化」。ネットワークは仮想化するべきなのか? スペシャリストたちが本音で語る。(2017/12/15)

ユーザーに悪意はないかもしれないが……
ファイルサーバでの迷惑行為を止めさせる最も効果的な手段とは?
ファイルサーバに関して、保存サイズや期間などのルールを定めているはず。しかし、ルールを認識しつつ、ユーザーが自覚せずに行いがちな迷惑行為も多々ある。(2017/12/12)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「GbEのMarvell」より脱却なるか、Caviumの買収は理想的だが新CEOの手腕は不明
ネットワークプロセッサに強みを持つMarvellが、同種企業であるCaviumの買収を発表した。製品も顧客も重複が少なく、ARMサーバ向けSoCなどで存在感を高めているCaviumのハイエンド製品はHPCやクラウドからの関心も高く理想的といえるが、買収後にうまく事業が回転するかは不透明だ。(2017/12/8)

x86サーバに比べて約4倍の機械学習速度:
人工知能ワークロード向けプロセッサを搭載――IBM、次世代Power Systemsサーバを発表
IBMは、次世代のPower Systemsサーバ「Power System AC922」を発表した。人工知能ワークロード向けに設計されたプロセッサ「POWER9」を採用。ディープラーニングによる機械学習は、x86サーバと比べて約4倍高速化した。(2017/12/7)

より安価でより高いスループットを提供するHCI
「ハイパーコンバージドはちょっと」という人に知ってほしいNVMeとSDSの深い関係
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は仮想サーバシステムの利用を選択している管理担当者にとって魅力的な選択肢だ。登場から少し時間がたち、性能も向上している。改めて知るべきポイントを解説する。(2017/12/7)

仮想化で変わるSMBのITインフラ【前編】
物理ネットワークは問題だらけ!? ネットワークも仮想化すべき理由
サーバは仮想化していても、ネットワークは物理環境のままという企業は多い。だがそれではビジネスの変化に追随できない。物理ネットワークの運用は限界にきている。(2017/12/7)

東アジアを狙うマルウェア「UBoatRAT」、日本のWebサーバも攻撃に利用
攻撃にはGoogleやMicrosoftのサービスを駆使し、日本のWebサーバも利用されていたという。(2017/12/1)

Tech TIPS:
Chromeで信頼されなくなるSymantec発行のSSL証明書かどうか判定・確認する方法
Googleは近い将来、ChromeブラウザでSymantecやジオトラスト、RapidSSLなどが発行したSSL証明書を信頼しないようにすると発表した。これがWebサーバ管理者にどのような影響を与えるのか、またどの証明書が該当するのか判断する方法を説明する。(2017/12/1)

サーバセキュリティを学べるゲームを無料で トレンドマイクロが提供へ
トレンドマイクロは、企業のセキュリティ担当者を対象に、インシデント対応を疑似体験できるビデオシミュレーションゲームの無償提供を開始した。(2017/11/29)

オンプレミス環境でMicrosoft Azureの運用が可能に:
Azureと多機能を通した連携へ――Dell EMC、「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表
デルとEMCジャパンは「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバにAzure Stackを組み込んだことで、Azureの機能をオンプレミスでも利用可能にした。(2017/11/29)

スマホゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ」で近日改修を実施
サーバの通信負荷軽減のための改修を行います。(2017/11/24)

高いセキュリティと経済性を提供:
“シリコンレベルの信頼性”を備える――HPE、AMDのEPYCプロセッサ搭載サーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は「HPE Gen10」サーバの新モデル「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表した。AMDの「EPYC」プロセッサを搭載し、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供するとしている。(2017/11/22)

PCやサーバ、IoTプラットフォームに影響:
Intelプロセッサの管理エンジンに脆弱性、直ちにファームウェアの更新を
Intelのプロセッサを搭載したPCやサーバ、IoTプラットフォームに影響が及ぶ恐れがあり、OEMから更新版のファームウェアを入手するよう強く勧告している。(2017/11/22)

新サーバ「PowerEdge C4140」がベース:
機械学習やディープラーニングの導入や収益化を迅速に――Dell EMC「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」発表
Dell EMCは、機械学習やディープラーニングの導入を支援し、迅速な収益化を支援する新製品群として、サーバ「Dell EMC PowerEdge C4140」およびソリューション「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」を発表した。(2017/11/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(45):
「Azure Backupエージェント」による「システム状態」のバックアップが正式サポート
これまでプレビュー提供だった「Azure Backupエージェント」による個別サーバの「システム状態」のクラウドへのバックアップが、正式にサポートされました。これにより、オンプレミスのActive Directoryドメインコントローラー、ファイルサーバ、IISサーバのデータとシステム構成を、追加のバックアップサーバやバックアップ装置なしで、クラウドだけで保護できるようになります。(2017/11/15)

Intel Xeonの競合品と位置付け:
Qualcomm、サーバ用ARM SoCを発表
Qualcommが、サーバ向けARM SoC(System on Chip)「Centriq」シリーズを発表した。「Centriq 2460」については、Intel「Xeon Platinum 8180」の競合品と位置付けている。(2017/11/14)

Oracle Database Applianceユーザー成功事例
三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCPを同時実現した施策とは
三菱アルミニウムは基幹システムの大規模リプレースにて散在していたサーバの統合だけでなく、BCPの強化も同時に成功したという。成功の鍵となったマルチテナントとは何か?(2017/12/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
うわさのサーバ向けARMプロセッサ「Qualcomm Centriq 2400」が正式ローンチ Intel Xeonと比較した実力は?
Qualcommが投入したサーバ向けARM SoC「Centriq 2400」は、Intel Xeonの牙城を崩せるのか。米カリフォルニアで開催されたローンチイベントを現地からレポートする。(2017/11/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.