「故障」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「故障」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
AIでプラント運転状態を自動解析、予兆診断サービスを開始
日立製作所は、石油化学プラント向けの予兆診断サービス「ARTiMo」の提供を開始した。AI(人工知能)によって石油化学プラントの運転状態を自動的に分類・解析し、故障の前兆である状態変化や異常発生をリアルタイムに検知する。(2018/10/18)

auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充 当日中に代替機を届けられるエリアを拡大 23区では「4時間以内配達」も
auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充する。代替機を当日中に届けるサービスの対象エリアを拡大し、東京23区内では申し込みから4時間に届けるサービスも開始する。2018年秋冬モデル以降の機種では、代替機に液晶保護フィルムをあらかじめ貼り付けて送付するサービスと、データ復旧サポートサービスを新たに提供する。(2018/10/11)

ドコモが「ケータイ補償サービス」を拡充 加入者の修理代金上限が3000円に(iPhone・iPadを除く)
NTTドコモが「ケータイ補償サービス」加入者向け故障修理サービスを拡充。保証対象外の故障時の修理代金の上限額を2000円値下げし、故障時の修理対応を全機種で「修理受け付け終了日」まで延長する。iPhone・iPad向けの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」はデータ復旧サービスの割り引きを適用可能とする。(2018/10/1)

AppleCare+相当のサービスを4年間受けられる――auが「故障紛失サポート with AppleCare Services」の提供を開始
auがiPhone/iPad向けの「AppleCare+ & au端末サポート」を刷新し、Appleによる拡張保証サービスを4年間受けられるように改めた。既存サービスの利用者も、2019年1月をめどに、この新サービスに移行できる予定となっている。(2018/9/14)

どんなクルマも1万円以上で 「DMM AUTO」が買い取り対象拡大 自然災害で故障したクルマも
スマートフォンアプリだけでクルマを買い取る「DMM AUTO」が、どんなクルマも必ず1万円以上の査定額になる「DMM AUTOの1万円保証」を始めた。(2018/9/13)

北海道地震の影響で通信障害が続く 9月7日の状況
北海道胆振地方中東部で発生した地震の影響で、3キャリアで通信障害が続いている。原因は停電や伝送路の故障。9月7日時点の状況をお伝えする。(2018/9/7)

北海道の地震で3キャリアに通信障害【更新】
北海道胆振地方で発生した地震の影響で、3キャリアに通信障害が発生。原因は停電や伝送路の故障。対象エリアを確認したい。(2018/9/6)

日立プラントメカニクス:
AIを活用した安全運転支援機能とインバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン
日立プラントメカニクスは、AI(人工知能)を活用した安全運転支援機能と、インバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン「Aicrane(アイクレーン)」を発表した。(2018/9/6)

「スーパーミリオンヘアー」を付けてMRIに入ると機器が故障? 開発元は「使用控えて」
ふりかけ式増毛剤メーカーに聞いてみました。(2018/9/4)

教員パソコンをカンニングで大阪医科大生逮捕 患者カルテなど46万件流出
パソコン内のデータを別の場所に自動保存する「バックアップソフト」。インターネット上では無料ソフトも多数公開されている。本体故障時に役立つこの便利ツールを、あまりに不届きな用途に使った医大生が大阪府警に逮捕された。教員用のパソコンにこのソフトを仕込み、成績アップのためにデータを“カンニング”していたのだ。抜き取られたデータの総量は、付属病院の患者カルテというプライベートな医療情報を含む約46万件。大規模な情報流出だったが、当の医大生は事の重大性に気づいておらず、逮捕時、医大生は「これで逮捕?」と驚きの表情を浮かべていたという。(2018/8/30)

製造IT導入事例:
冷凍機の故障を予知、予防保全でメンテナンスコストを25%削減
ニチレイロジグループ本社と日立製作所は2018年8月28日、IoT技術を活用し、冷凍設備の故障予兆診断と運転、メンテナンスの効率化に向けた共同実証を2018年9月から開始することを発表した。(2018/8/29)

太陽光:
風力発電の稼働率97%を実現するデータベース構築へ、NEDOプロジェクト始動
風力発電設備の稼働率向上に向けたデータベースシステムの開発を目指すNEDOプロジェクトが始動。風車の運用データや故障・事故情報を収集・蓄積する情報基盤を構築し、それをもとに故障・事故からの早期復旧に関する情報などを提供するアプリケーションを開発する。(2018/8/28)

FAニュース:
AIを活用した安全運転支援機能を搭載する天井クレーン
日立プラントメカニクスは、AIを活用した安全運転支援機能とインバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン「Aicrane」を開発した。2018年9月に実証実験を開始し、同年度中の発売を目指す。(2018/8/27)

安川情報システム MMPredict:
AI故障予知サービスに、設備故障を高精度に予知できるモーター専用モデルを追加
安川情報システムは、AIを用いた故障予知サービス「MMPredict」のモーター専用モデルを開発し、2018年8月20日から提供開始すると発表した。(2018/8/27)

製造ITニュース:
故障予知サービスにモーターモデルを追加、μ秒未満の変化に対応
安川情報システムは2018年8月8日、故障予知サービス「MMPredict」のモーターモデルを開発し、8月20日から提供開始することを発表した。(2018/8/10)

豪雨災害で故障した太陽光パネルで感電の恐れ、経産省が注意喚起
西日本豪雨による浸水や土砂崩れにより、各地の太陽光発電所で設備が故障。太陽光パネルは故障中でも光があたれば発電し続ける可能性があり、経済産業省は感電する恐れがあるとして作業員らが不用意に近づかないよう関係自治体に注意喚起を始めた。(2018/8/2)

FAニュース:
設備情報をモバイル端末に通知してロスを防ぐ、作業者支援システム
シーイーシーは、製造現場向けの作業者支援システム「SmartFollow」の提供を開始した。設備の稼働情報を、モバイル端末を介して作業者に通知できるため、設備故障の際に発生する指示待ちや修理待ちなどのロスを防ぎ、設備稼働率を向上する。(2018/8/1)

自動運転技術:
GMの自動運転は“都市”で鍛え中、工事現場や信号機故障にも対応
ソフトバンクグループは2018年7月19〜20日、都内でユーザーイベント「Softbank World」を開催し、基調講演の中でGeneral Motors社長のダニエル・アマン氏が登壇し自動運転技術について語った。(2018/7/24)

シーイーシー SmartFollow:
設備故障やチョコ停によるロスを軽減するウェアラブル型作業者支援システム
シーイーシーは、スマートウォッチやモバイル端末に対応する工場向け作業支援システム「SmartFollow」の提供開始を発表した。(2018/7/24)

トライアルキットで簡単に実証:
においで異常を検知、設備の故障予知などに一役
コアは、設備などの故障予知や予防保全に向けて、わずかな「におい」で異常を検知できる「においソリューション」を「プラントメンテナンスショー」でデモ展示した。(2018/7/20)

サービタイゼーション:
製造業のアフターサービスを“稼働時間確保サービス”へ、シンクロンが後押し
シンクロンが製造業のアフターサービスのビジネスモデル変革に向けた提案活動を活発化させている。現在の製造業では、製品が故障した際に部品交換/修理を行うことがほとんどだが、IoTを活用した予兆保全によってサブスクリプションベースのリカーリングビジネスにしていくことを支援する。(2018/7/19)

商品企画から製造までを検証:
故障率が0.5%から0.03%に ニトリ、品質向上への執念
消費者から「安くて品質も納得」という評価を勝ち得るまでに成長したニトリだが、現在の地位に至るまでに地道な努力を積み重ねてきた。31期連続の増収増益を実現し、業績面でも好調なニトリの強みを改めて検証する。(2018/7/19)

3キャリア、西日本各地で通信障害 大雨の影響
台風7号や梅雨前線により、西日本各地で大雨の被害が拡大。これに伴い、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話がつながりにくい状況が発生している。原因は停電や伝送路の故障など。(2018/7/9)

製造ITニュース:
工場の生産設備の故障を予知するIoTサービス、センサー設置からワンストップで
KDDIは、工場の生産設備の状態を可視化し、故障予兆を検知する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の提供を2018年8月上旬から開始する。センサー設置から予兆検知までをワンストップで提供する。(2018/7/4)

PHM Conference 2018 in JAPANレポート:
PR:製造業がインダストリアル・ビッグデータを生かすための「PHM」とは
製造業が扱う「インダストリアル・ビッグデータ」で注目を集める概念が、システム工学的にアプローチする故障予知である「PHM(Prognostics and Health Management)」だ。「PHM Conference 2018 in JAPAN 〜ビッグデータ時代のエンジニアリング知見の活かし方〜」では、PHM領域で先進的な取り組みを進めている国内外のゲストが登壇した。(2018/6/25)

KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜:
絶対に止められない生産設備のトラブルを未然に防ぐ、KDDIがIoT×AIで支援
KDDIは、工場の生産設備の稼働状況を可視化し、故障の予兆を検知するサービス「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の提供を2018年8月上旬から開始する。(2018/6/25)

TechFactory通信 編集後記:
製造現場へのAI導入、解決が見えない「ある問題」
製造業がAI(機械学習)に熱い視線を送っています。AIの活用で故障予知や技術伝承などといった問題を解決しようと各社が取り組んでいるものの、「ある問題」についてはまだ解決の糸口がつかめていません。(2018/6/23)

連載:ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
スピーカーの音でHDDが故障 「ブルーノート攻撃」で考える物理的対策
動く部品、可動部があるものはいつかは壊れます。その弱点を突いた「ブルーノート攻撃」が5月末、注目を集めました。特定の周波数の音をスピーカーから流すと、HDDが故障してPCが正常に動作しなくなるという攻撃です。(2018/6/22)

ネットワンシステムズ:
製造業への「つながる」をネットワークのプロが本格提供
ネットワンシステムズがスマート工場における生産性向上を支援する、製造業向けIoTソリューションの提供を開始した。製造業の「つながる」支援から開始し、故障予知などの提供も目指す。(2018/6/19)

KDDI、センサー設置から故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」を開始
KDDIは、センサーの設置からデータの可視化、故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の提供を開始。点検に関わる作業工数削減によるコスト削減や、設備故障の未然防止による生産性向上を支援する。(2018/6/18)

センサー提供と分析をワンストップで:
IoT・AIで工場の故障を検知 KDDIが製造業の「生産性アップ」を支援
KDDIが、IoTを活用して工場の生産設備の状態をチェックできるサービスを始める。AIが最適な分析手法を学習し、成長するオプションも設ける。導入企業のコスト削減や生産性向上をサポートする。(2018/6/15)

装置の故障や危険行動を事前予測:
日立情報通信エンジニアリングが「状態予測エンジン」の販売を開始
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を販売開始した。製造装置の故障予測に基づいた先行対策や、人物の動きを予測して危険回避策を講じることが可能になるという。(2018/6/14)

約7億円の導入効果:
「ダウンしない火力発電所」をクラウドで実現 AWS導入で東京電力が超えた「壁」とは
火力発電や燃料事業を手掛ける東京電力フュエル&パワーは、AWSを使って国内外の発電所の稼働状態をリアルタイムで監視する「遠隔監視システム」を立ち上げ、データ分析を使った故障予測や性能管理を実現している。(2018/6/11)

品質検査や故障予知など:
PR:製造業でのディープラーニング活用、足踏みせずに実現するための最適解は?
現在、品質検査や設備の故障予知などの領域で、「ディープラーニング(深層学習)」の活用に踏み出そうとする製造業企業が増加している。しかし、自社で実装するにはハードルも高く、実現までの道のりは長く険しいというのが一般的な認識だろう。では、どうすればディープラーニングの恩恵をスムーズに享受できるのか、その最適解を探ってみたい。(2018/6/12)

「インダストリアル・ビッグデータ」を提唱:
ISID、故障予知向けビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供を開始
電通国際情報サービス(ISID)は、国内の製造業を対象に、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供開始を発表した。(2018/6/8)

製造ITニュース:
製造装置などの故障や人の危険な行動を事前予測するソフトウェア
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を2018年6月1日から販売開始する。製造装置の故障予測や、車両や人の動きの予測に利用できる。(2018/6/4)

稼働データを的確かつ効率的に取得:
ISID、故障予知における“センサー設計の最適化”を支援する「MADe PHM」提供開始
電通国際情報サービス(ISID)は、PHM Technologyが手掛けるセンサーアーキテクチャ最適設計、検証ツール「MADe PHM」の取り扱いを開始した。(2018/5/31)

コニカミノルタ事例:
コニカミノルタが語る「故障予知からのビジネスモデル構築」その収穫と課題
コニカミノルタが本格的なデータ活用に取り組んで1年半が経過し、故障予知から「顧客満足度UP」や「部品寿命の延長」といった成果を得るまでとなった。では、どうやって故障予知をビジネスに結び付けたのか、得られた知見と課題とは何か。製造業でのデータ活用はどのように進めるべきか、「SAS FORUM JAPAN 2018」にて担当者が語った。(2018/5/28)

製造ITニュース:
インダストリアル・ビッグデータを打ち出すISID、故障予知分析基盤を発売
電通国際情報サービス(ISID)は2018年5月24日、国内の製造業を対象に、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX(ピーディーエックス)」の提供を開始すると発表した。2018年6月から、PDXの第1弾となる分析ロジック作成ツール「PDX SANDBOX」の販売を開始し、PDXを構成するその他のツール群も今後順次発売する計画である。(2018/5/25)

太陽光:
太陽光パワコンを遠隔監視、日新電機がサービス提供
日新電機が太陽光発電用パワーコンディショナーの遠隔監視サービスの提供を開始。運転状況の把握や、故障時の早期普及による売電損失の低減をサポートする。(2018/5/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(55):
サーバ事業者さん。契約は結んでいませんが、あなたを訴えます
クラウドサービスベンダーに預けたプログラムが、HDDの故障で消失した。「さあ、訴えてやる!」。でも、誰を?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「クラウド上のデータの責任の所在」を考える。(2018/5/8)

3D CAD/CAEからVR、そして深層学習まで
過酷な現場でも安心して使える、製造業に最適なワークステーションの条件とは?
製造業の現場に最適なワークステーションとは何か? パフォーマンスや構成の自由度、拡張性の高さはもちろんだが、故障率が低く、保守が容易で、長時間使用しても快適性が損なわれないことが何よりも重要だ。(2018/5/1)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年3月版】:
機械学習を現場に定着させるコツ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回のトップは故障時の対応時間短縮などの成果を出している大阪ガス担当者の語る、“機械学習を現場に定着させるコツ”でした。(2018/4/24)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(18):
抵抗器(4) ―― 固定抵抗器の信頼性設計
抵抗器の使い方、特にディレーティングと故障率の関係について説明をしていきます。(2018/4/25)

パートナーとの連携を強化:
日本NI、データ取得から予知保全まで提案
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、「TECNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」で、機械学習による故障予知や異常検知システムなどのデモ展示を行った。(2018/4/23)

IT活用:
AIで受変電設備の故障を予知、日新電機が2018年度に実用化へ
日新電機が受変電設備の故障を予知するシステムを開発。複数のセンサーから集めた設備データを人工知能(AI)を用いて分析し、故障予兆を検出する。2018年度中の実用化を目指す。(2018/4/18)

自然エネルギー:
風力発電の稼働率アップを実現、AIが故障を予知する新技術
NEDO、東京大学、産総研がAIを活用した風車の故障予知技術を開発。風力発電の設備利用率を2%高めることに成功したという。(2018/4/5)

ディルバート(548):
堅牢性より収益性?
電子機器や家電には一定期間を過ぎると故障するように作られているという、いわゆる“故障タイマー”説。都市伝説とされていますが、実はその裏にはディルバートのようなエンジニアの涙があったりして? 信じるか信じないかは……。(2018/4/5)

Design Ideas 計測とテスト:
故障保護機能を搭載したデータ収集システム
感度の高いセンサーを用いたデータ収集システムは、故障状態に対応できるように設計する必要があり、システムを構成する部品の損傷を防止する工夫が求められる。そこで、感度の高い部品を信号経路の電圧過渡現象から保護する回路を紹介する。(2018/4/2)

Exiida遠隔監視サービス:
日立アプライアンス、IoT技術を活用して冷凍機の故障予知を実現するサービス
日立アプライアンスは、業務用空調や冷熱機器から得られる温度や電流値などの運転データに加え、IoT技術によって取得した環境情報や他機器などのさまざまなデータを蓄積・解析・活用するサービス「Exiida」シリーズを展開する。(2018/3/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.