「故障」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「故障」に関する情報が集まったページです。

センサー提供と分析をワンストップで:
IoT・AIで工場の故障を検知 KDDIが製造業の「生産性アップ」を支援
KDDIが、IoTを活用して工場の生産設備の状態をチェックできるサービスを始める。AIが最適な分析手法を学習し、成長するオプションも設ける。導入企業のコスト削減や生産性向上をサポートする。(2018/6/15)

装置の故障や危険行動を事前予測:
日立情報通信エンジニアリングが「状態予測エンジン」の販売を開始
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を販売開始した。製造装置の故障予測に基づいた先行対策や、人物の動きを予測して危険回避策を講じることが可能になるという。(2018/6/14)

約7億円の導入効果:
「ダウンしない火力発電所」をクラウドで実現 AWS導入で東京電力が超えた「壁」とは
火力発電や燃料事業を手掛ける東京電力フュエル&パワーは、AWSを使って国内外の発電所の稼働状態をリアルタイムで監視する「遠隔監視システム」を立ち上げ、データ分析を使った故障予測や性能管理を実現している。(2018/6/11)

品質検査や故障予知など:
PR:製造業でのディープラーニング活用、足踏みせずに実現するための最適解は?
現在、品質検査や設備の故障予知などの領域で、「ディープラーニング(深層学習)」の活用に踏み出そうとする製造業企業が増加している。しかし、自社で実装するにはハードルも高く、実現までの道のりは長く険しいというのが一般的な認識だろう。では、どうすればディープラーニングの恩恵をスムーズに享受できるのか、その最適解を探ってみたい。(2018/6/12)

「インダストリアル・ビッグデータ」を提唱:
ISID、故障予知向けビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供を開始
電通国際情報サービス(ISID)は、国内の製造業を対象に、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供開始を発表した。(2018/6/8)

製造ITニュース:
製造装置などの故障や人の危険な行動を事前予測するソフトウェア
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を2018年6月1日から販売開始する。製造装置の故障予測や、車両や人の動きの予測に利用できる。(2018/6/4)

稼働データを的確かつ効率的に取得:
ISID、故障予知における“センサー設計の最適化”を支援する「MADe PHM」提供開始
電通国際情報サービス(ISID)は、PHM Technologyが手掛けるセンサーアーキテクチャ最適設計、検証ツール「MADe PHM」の取り扱いを開始した。(2018/5/31)

コニカミノルタ事例:
コニカミノルタが語る「故障予知からのビジネスモデル構築」その収穫と課題
コニカミノルタが本格的なデータ活用に取り組んで1年半が経過し、故障予知から「顧客満足度UP」や「部品寿命の延長」といった成果を得るまでとなった。では、どうやって故障予知をビジネスに結び付けたのか、得られた知見と課題とは何か。製造業でのデータ活用はどのように進めるべきか、「SAS FORUM JAPAN 2018」にて担当者が語った。(2018/5/28)

製造ITニュース:
インダストリアル・ビッグデータを打ち出すISID、故障予知分析基盤を発売
電通国際情報サービス(ISID)は2018年5月24日、国内の製造業を対象に、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX(ピーディーエックス)」の提供を開始すると発表した。2018年6月から、PDXの第1弾となる分析ロジック作成ツール「PDX SANDBOX」の販売を開始し、PDXを構成するその他のツール群も今後順次発売する計画である。(2018/5/25)

太陽光:
太陽光パワコンを遠隔監視、日新電機がサービス提供
日新電機が太陽光発電用パワーコンディショナーの遠隔監視サービスの提供を開始。運転状況の把握や、故障時の早期普及による売電損失の低減をサポートする。(2018/5/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(55):
サーバ事業者さん。契約は結んでいませんが、あなたを訴えます
クラウドサービスベンダーに預けたプログラムが、HDDの故障で消失した。「さあ、訴えてやる!」。でも、誰を?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「クラウド上のデータの責任の所在」を考える。(2018/5/8)

3D CAD/CAEからVR、そして深層学習まで
過酷な現場でも安心して使える、製造業に最適なワークステーションの条件とは?
製造業の現場に最適なワークステーションとは何か? パフォーマンスや構成の自由度、拡張性の高さはもちろんだが、故障率が低く、保守が容易で、長時間使用しても快適性が損なわれないことが何よりも重要だ。(2018/5/1)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年3月版】:
機械学習を現場に定着させるコツ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回のトップは故障時の対応時間短縮などの成果を出している大阪ガス担当者の語る、“機械学習を現場に定着させるコツ”でした。(2018/4/24)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(18):
抵抗器(4) ―― 固定抵抗器の信頼性設計
抵抗器の使い方、特にディレーティングと故障率の関係について説明をしていきます。(2018/4/25)

パートナーとの連携を強化:
日本NI、データ取得から予知保全まで提案
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、「TECNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」で、機械学習による故障予知や異常検知システムなどのデモ展示を行った。(2018/4/23)

IT活用:
AIで受変電設備の故障を予知、日新電機が2018年度に実用化へ
日新電機が受変電設備の故障を予知するシステムを開発。複数のセンサーから集めた設備データを人工知能(AI)を用いて分析し、故障予兆を検出する。2018年度中の実用化を目指す。(2018/4/18)

自然エネルギー:
風力発電の稼働率アップを実現、AIが故障を予知する新技術
NEDO、東京大学、産総研がAIを活用した風車の故障予知技術を開発。風力発電の設備利用率を2%高めることに成功したという。(2018/4/5)

ディルバート(548):
堅牢性より収益性?
電子機器や家電には一定期間を過ぎると故障するように作られているという、いわゆる“故障タイマー”説。都市伝説とされていますが、実はその裏にはディルバートのようなエンジニアの涙があったりして? 信じるか信じないかは……。(2018/4/5)

Design Ideas 計測とテスト:
故障保護機能を搭載したデータ収集システム
感度の高いセンサーを用いたデータ収集システムは、故障状態に対応できるように設計する必要があり、システムを構成する部品の損傷を防止する工夫が求められる。そこで、感度の高い部品を信号経路の電圧過渡現象から保護する回路を紹介する。(2018/4/2)

Exiida遠隔監視サービス:
日立アプライアンス、IoT技術を活用して冷凍機の故障予知を実現するサービス
日立アプライアンスは、業務用空調や冷熱機器から得られる温度や電流値などの運転データに加え、IoT技術によって取得した環境情報や他機器などのさまざまなデータを蓄積・解析・活用するサービス「Exiida」シリーズを展開する。(2018/3/27)

3D CAD/CAEからVR、そして深層学習まで:
PR:過酷な現場でも安心して使える、製造業に最適なワークステーションの条件とは?
製造業の現場に最適なワークステーションとは何か? パフォーマンスや構成の自由度、拡張性の高さはもちろんだが、故障率が低く、保守が容易で、長時間使用しても快適性が損なわれないことが何よりも重要だ。(2018/3/23)

FAニュース:
外観検査や故障予知でのAI活用を加速、安川電機がAI子会社を設立
安川電機はAIソリューション開発を手掛ける子会社「エイアイキューブ」を新たに設立した。さらにAIベンチャークロスコンパスとの戦略的提携も行う。(2018/3/22)

山市良のうぃんどうず日記(122):
フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……
システムのフルバックアップ(システムイメージ)は、ディスクの物理的な故障はもちろん、ソフトウェアの問題でPCが不調になってしまったとき(Windows Updateの副作用など)、元の正常な状態を取り戻すことができる保険になります(新しいデータは一部失われます)。でも、そのバックアップからの復元が失敗するとしたら、もうどうしようもないのでしょうか。諦めの悪い筆者なら、もう少しあがいてみます。(2018/3/20)

大阪ガス DataRobot 導入事例:
機械学習の現場導入、必要なのは「理解」ではない
機械学習を利用した予兆保全にかかる期待は大きいが、特性上ブラックボックスが残るため現場の理解を得られない可能性も残る。機械学習導入で故障時の対応時間短縮などの成果を出している大阪ガス担当者の語る、現場定着のコツとは。(2018/3/20)

製造マネジメントニュース:
IoT技術で冷凍機の故障を予知、未然の保全で故障防止につなげる
日立アプライアンスは、冷凍機などの運転データに加え、IoT技術を使って取得した環境情報などのデータを活用することで、故障の予兆を捉える「Exiida遠隔監視サービス」の提供を開始する。(2018/3/16)

定期交換部品を83%削減:
明電舎がIGBT方式の新型高周波電源を発売、故障率を低減しメンテナンス性を向上
明電舎は、IGBT方式を採用した新型高周波電源を発売。誘導加熱の原理を利用して発熱する高周波溶接機の電源部で、従来のMOSFET機と比較してインバーターユニットの部品点数を67%削減している。(2018/3/9)

製造ITニュース:
産業用ロボットの故障予知分析アルゴリズムを無償公開
電通国際情報サービスは、同社の関連会社が保有する産業用ロボット故障予知分析アルゴリズムをマイクロサービス化して、米GEのIoTプラットフォーム「Predix」に無償で公開した。(2018/2/23)

FAニュース:
定期交換部品を83%削減したIGBT搭載高周波溶接機用電源、溶接機向け
明電舎は、IGBT方式を採用した新型高周波電源を発売した。従来のMOSFET機に比べてインバーターユニットの部品点数を67%削減するなど、故障率を低減してメンテナンス性を高めた。(2018/2/23)

安川電機 DriveWorksEZ:
設備の見える化や故障予知を実現するインバータ用プログラミングツール
安川電機は、インバータによる設備の見える化および故障予知などを実現するプログラミングツール「DriveWorksEZ」のバージョンアップ版をリリースした。(2018/2/22)

ISID 故障予知アルゴリズム:
産業用ロボットの故障予知アルゴリズムをPredix上で無償公開
電通国際情報サービスが、産業用ロボットの故障予知アルゴリズムをGE「Predix」開発者向けサイトで無償公開した。期間限定の公開だが、一般的な稼働データを利用するため、構築済の稼働監視システムを利用しながら、そこに故障予知機能を組み込める。(2018/2/22)

ソフトバンク、固定電話との発着信に障害 復旧のめど立たず
原因は通信設備の故障による影響。(2018/2/19)

ソフトバンク携帯から固定電話につながりにくく 通信設備の故障で
ソフトバンクは2月19日、同社の携帯電話から固定電話への通話がしづらい状態になっていると発表した。通信設備の故障が原因という。【更新】(2018/2/19)

スカイディスク:
設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供、利用料金は月額10万円から
スカイディスクは、故障予知や検品作業の効率化を目的とした設備機器のAI(人工知能)異常診断学習モデルをAPIで提供すると発表した。(2018/2/16)

GEのIoT基盤「Predix」開発者向けサイトで公開:
ISID、産業ロボットの故障予知アルゴリズムをマイクロサービス化して無償公開
電通国際情報サービス(ISID)は、産業用ロボットの故障予知分析アルゴリズムをマイクロサービス化し、米GEのIoTプラットフォームで無償公開した。6軸機構までのロボットアームが対象で、故障予知分析システムを容易に構築できる。(2018/2/8)

FAニュース:
機械や設備見える化、故障予知をインバータで実現
安川電機は、インバータ用プログラミングツール「DriveWorksEZ」のバージョンアップ版をリリースした。機械や設備の見える化、故障予知をインバータで可能にする。(2018/2/7)

製造ITニュース:
設備機器の故障予知などのAI異常診断学習モデルをAPI経由で提供
スカイディスクは、設備機器の故障予知や検品作業の効率化を目的とした設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供する。音データと振動データ、2種類のAI学習モデルを用意した。(2018/1/31)

アナリストオピニオン:
故障予知ソリューションと製造業の未来
製造業におけるAI活用を背景に、注目が集まる故障予知の実現。スマート工場化の進展に伴い必要不可欠な存在として大きな期待が寄せられているが、現段階はまだ黎明(れいめい)期といえる。理想とされる故障予知ソリューションの実現はいつか? 現時点で推し量ることが難しい故障予知ソリューションと製造業の未来について、1つのシナリオを提示する。(2018/1/31)

モビリティサービス:
事故や故障でかけつけるロードサービスにIoT活用、NTTコムとパーク24が実証実験
NTTコミュニケーションズとパーク24は、IoT(モノのインターネット)のセキュアゲートウェイを自動車向けに適用する実証実験を2017年12月から始めた。(2018/1/29)

JR東海道線、小田原〜熱海間上下線で運転見合わせ 真鶴〜湯河原駅間でレール故障
運転再開は11時50分頃の見込み。【更新】11時55分頃運転再開。(2018/1/26)

エアコンの故障相談にチャットbotが自動応答――ダイキン、AIを活用した故障診断サービスを開始
ダイキン工業が、AIを活用したチャットbotを顧客サポートに導入し、エアコンの故障診断サービスを開始した。チャット画面に表示される質問に答えていくことで、故障の診断結果が分かる。(2018/1/24)

製造現場のAI活用:
PR:工作機械の“ドカ停”防ぐ、IoTとAIによるクーラントポンプの故障予知
製造現場の高度な生産性維持を阻む大きな要因に、設備の故障がある。これらを防ぐ予防保全が、IoTやAIなどの先進デジタル技術で実現可能になってきている。こうした動きに俊敏に反応するのが、各種機械を製造する住友精密工業である。同社のAI活用の取り組みを追う。(2018/1/22)

実証実験:
住友重機械工業とNEC、AIを用いて射出成形機の故障予兆の検出に成功
住友重機械工業とNECは、AIを用いた産業機械の故障予兆の実証実験において、プラスチック射出成形機から出力されたデータを利用した故障予兆の検出に成功したと発表した。(2018/1/17)

MONOist 2018年展望:
故障予知は前提、“真の予兆保全”を実現するために必要になるもの
2017年はIoTやAI技術の進展により、大型機械や設備の故障予知や予兆保全への取り組みが加速した1年となった。2018年は故障予知などを前提とした、センシングやデータ管理などが進み、予兆保全に関する各種製品開発やソリューションが数多く登場する見込みだ。(2018/1/16)

携帯電話の故障原因1位は「ディスプレイの破損」 4割が修理せず
オークネットは、1月10日に「携帯端末(電話)の修理に関するアンケート」の結果を発表。不具合1位は「ディスプレイ(ガラス部分)が割れた」で、約4割は修理をしていないことが分かった。(2018/1/11)

FAニュース:
AIを活用したプラスチック射出成形機の故障予兆の検出に成功
住友重機械工業とNECは、AIを用いた産業機械の故障予兆の実証実験において、プラスチック射出成形機から出力されたデータを利用した故障予兆の検出に成功した。(2017/12/28)

いまさら聞けないHILS入門(13):
HILSによる故障診断機能のテスト(その3)
車載システムの開発に不可欠なものとなっているHILSについて解説する本連載。最終回となる今回は、アクチュエーター故障の中からインジェクターとスロットルアクチュエーターのテストを紹介します。(2017/12/26)

製造マネジメントニュース:
ISIDが米国ベンチャーへの出資拡大、故障予知ソリューションの開発を加速
電通国際情報サービス(ISID)は、米国のベンチャー企業・プレディクトロニクスが行う第三者割当増資を引き受けて同社株式を追加取得したと発表した。両社は提携強化に合わせて、プレディクストロニクスが持つ故障予知技術に基づくソリューションの開発を推進する。(2017/12/20)

動作音や振動から製造機械の故障を予知――NTT Comらが実証実験へ
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、太平洋工業、岐阜大学は、AIを活用して、製造機械の動作音や振動の変化から故障を予知するシステムの実証実験を開始する。製造機械の故障を事前に回避することで、稼働率の向上と製品の安定的な生産を見込む。(2017/12/19)

Wired, Weird:
制御用PCの修理(後編) 熱破損を起こした3つの原因
前回に引き続き、半導体製造装置に使用されている制御用PCの修理の模様について報告する。CPU横に頭が膨れた電解コンデンサーがあり、どうも放熱設計がうまくなかったようだ。故障原因を考察していこう。(2017/12/19)

「ペンタブの芯」に代用品を使うのは自己責任で―― 故障のリスクを注意喚起する漫画が興味深い
より良い描き心地を求め、ステンレスやパスタなどを芯として使う人の話はしばしば見かけますが、相応のリスクを伴うようです。(2017/12/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.