検索
ニュース
東芝 PX04Sファミリ:

読み出し性能が最大270kIOPSのSSD

東芝の「PX04S」ファミリは、最大270kIOPS(Input Output Per Second)の読み出し性能を実現したSASインタフェース対応のSSDである。記憶容量は最大3.84Tバイトを実現している。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 東芝 セミコンダクター&ストレージ社は2015年8月、最大270kIOPS(Input Output Per Second)の読み出し性能を実現したSASインタフェース対応のSSD「PX04S」ファミリを製品化し、サンプル出荷を始めた。記憶容量も最大3.84Tバイトを実現した。エンタープライズ機器の用途に向ける。

 PX04Sファミリは、用途に合わせて4種類のシリーズを用意した。いずれも自社開発の新型コントローラを搭載することで、全製品とも読み出し性能は最大270kIOPSを実現するなど、業界最高レベルの性能を実現した。


SASインタフェース対応のSSD「PX04S」ファミリの外観

 特に、「PX04SHシリーズ」は、負荷の大きいOLTP(オンライントランザクション処理)システムなどに適したハイエンドタイプのSSDである。高い読み出し性能に加えて、書き込み耐久性は25DWPD(Drive Write Per Day:1日あたりのデータ書き換え容量の上限)を達成している。記憶容量は200G〜1.6Tバイト品を用意した。


PX04Sファミリの4シリーズとその主な概要

 「PX04SMシリーズ」は、一般的なOLTPシステムなどに向けたミッドレンジタイプのSSD。書き込み耐久性は10DWPD、記憶容量は400G〜3.2Tバイト品がある。「PX04SVシリーズ」は、仮想サーバやストレージシステムなど幅広い用途に向けたバリュータイプのSSDである。書き込み耐久性は3DWPD、記憶容量は480G〜3.84Tバイト品をそろえた。「PX04SRシリーズ」は、アーカイブシステムや画像配信など、データ書き換え頻度が低いシステムに適したリードインテンシブタイプのSSDだという。記憶容量は480G〜3.84Tバイト品を用意した。

関連キーワード

SSD | インタフェース | 東芝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る