検索
ニュース
パワエレ向けのラインアップ拡充:

TDK、最大静電容量600μFのフィルムコンデンサー

TDKは、パワーエレクトロニクス向けコンデンサーのラインアップに新シリーズを追加した。従来シリーズの静電容量の最大値が500μFだったのに対して、新シリーズの静電容量の最大値は600μFに増加している。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

パワエレ向けに容量の上限を増強

 TDKは2017年7月11日、パワーエレクトロニクス向け単相電力用フィルムコンデンサーのラインアップに、EPCOSブランドの新製品「B32370」「B32371」「B32372」「B32373」「B32374」を追加したと発表した。出荷は2017年8月以降の予定だ。

 B32370〜B32374は、無停電電源装置(UPS)、周波数変換機、太陽発電や風力発電用のインバーターなど、大きな出力が必要なパワーエレクトロニクス向けに開発された製品だ。従来シリーズの静電容量範囲が10〜500μFだったのに対して、B32370〜B32374のシリーズの静電容量範囲は5〜600μFに拡大し、上限が従来よりも100μF上がっている。


左から順に、「B32370」「B32371」「B32372」「B32373」「B32374」 出典:TDK

 定格AC電圧は250〜600Vrms、最大電流は15〜60A、直径は40〜136mm、高さは64〜265mm。寿命が10万時間と長いのが特長だ。ポリ塩化ビフェニルが不使用のため、連続使用温度は70℃。端子は3種類あり、B32370がプラグイン端子、B32371〜B32373がねじ込み端子、B32374がクランプ式端子を持つ。

 B32370〜B32374はIEC61071-1に準拠し、UL認証を得た。素材がポリプロピレンであり、アルミなどよりも信頼性が高い。また、過電圧が一時的にかかってもコンデンサーとしての機能を保持できる自己回復機能の他、過圧の際ショートによる発火が起きないようにコンデンサーと端子を切り離す断路器を備えている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る