検索
ニュース
三菱電機 ML562H84:

メニスカスレンズ内蔵の赤色高出力半導体レーザー

三菱電機は、独自のメニスカスレンズを内蔵した、発光波長638nmの赤色高出力半導体レーザー「ML562H84」を発表した。レーザー光の利用効率は98%以上で、コリメートレンズを外付けした従来品と同等のパルス駆動光出力2.5Wを達成している。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

レーザー光の広がりを従来比約700分の1に低減

 三菱電機は2017年7月、同社独自のメニスカスレンズを内蔵した、発光波長638nmの赤色高出力半導体レーザー「ML562H84」を発表した。メニスカスレンズとは、片側が凹、片側が凸の凹凸レンズ。「同レンズを内蔵したのは、発光波長638nmのプロジェクター用赤色高出力半導体レーザーとしては業界初」(同社)という。発売は2017年9月1日の予定で、サンプル価格は1万円(税別)。


赤色高出力半導体レーザー「ML562H84」

 レーザー光の広がり角は垂直方向3.6°、平行方向0.5°で、広がりを従来製品比約700分の1に抑えたことで、平行光化を可能にした。レーザー光の利用効率は98%以上となっており、コリメートレンズを外付けした従来品と同等のパルス駆動光出力2.5Wを達成。これにより、レーザーダイオード1個当たり約120ルーメン相当の光源を構成できる。

 動作電圧は2.4Vで、しきい値電流は780mA。放熱性に優れた直径9mmのTO-CANパッケージを採用した。動作温度範囲は0〜45℃、RoHS指令(2011/65/EU)に準拠している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る