回路設計アイデア(信号源とパルス処理編)

さまざまな場面で必要となる信号処理についてのアイデアを紹介しています。

Design Ideas 信号源とパルス処理:

今回は、低消費電流で100マイクロ秒幅のリセットパルスを発生する回路を紹介する。

(2016年8月26日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

高性能な無線送信器は、RF電力の正確なモニターが不可欠である。しかし、CDMAやTDMAといった変調方式の登場で、RF電力モニターに関する伝統的なアプローチは時代遅れになった。今回は、波形に依存せずに、高い線形性でRF電力を測定できる回路を紹介する。

(2016年3月17日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

今回は、標準的な単方向カウンター・タイマーICである「82C54」と簡単なソフトウェアを使い、直角位相差出力のエンコーダーとISA入出力バスのインタフェース回路を紹介する。

(2015年9月18日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

従来のビット列発生器は、帰還をかけたシフト・レジスターを使って疑似ランダム・ビット列(PRBS)を得ていたため、有限長で同じパターンを繰り返すという問題を抱えていた。今回はこうした問題を打破できる、ランダム雑音を使って出力データ列を発生する回路を紹介する。

(2015年7月24日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

太陽電池アレイやバッテリーなどの電源の試験に、電子回路によって構成した直流負荷を用いるが、市販製品は高価なものが多い。パワーMOSFETをリニア領域で用いると、電子負荷を自作できる。

(2015年7月17日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

理論上では、同期クロックの逓倍(ていばい)は簡単だ。しかし、周波数が高いクロックを逓倍する場合には高い周波数に対応したVCOを入手しなければいけない問題が生じる。今回はその問題を解決する回路を提案する。

(2015年6月30日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

データからクロック信号を抽出する時などに欠かせない「周期波形を矩形波に変換する回路」として、変換回路にデューティー比を制御できる機能が備わった回路を紹介する。

(2015年2月18日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

高いクロック周波数で使用しても、デコード・スパイクが発生しないN+1分周器を作成する。

(2014年11月25日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

電圧を自動的に検出して、3.3V対応のPCIなどのバスを5V振幅の信号から保護する回路を紹介する。保護ダイオードや終端抵抗を用いて適切な終端電圧を設定すれば、1バス・サイクル以内でバスの信号振幅をある値に設定する回路としても使える。

(2014年10月30日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

今回は、パルス幅を電圧に変換する回路を紹介する。1つのパルス信号の入力が終わるまでの期間を直流電圧に変換する回路である。

(2014年7月31日)
Design Ideas 信号源とパルス処理:

スイッチングレギュレータ用コントローラICをパルス発生器として利用する方法を紹介する。立ち上がり/降下時間が2ns未満のゲート駆動用パルスを発生させることができるようになる。

(2014年5月2日)
Design Ideas:

デジタル回路、アナログ回路を問わず、実験などの目的でディレイパターンが必要となるケースは多い。このような状況に対応可能なものとして、筆者は1個のICでディレイパターン生成器を構成する方法を考案した。

(2010年12月1日)

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.