メディア
特集
» 2007年05月01日 00時00分 公開

カメラ/プロセッサ選択のポイントを解き明かす:マシンビジョンシステム設計の手引 (5/5)

[Richard A. Quinnell,EDN]
前のページへ 1|2|3|4|5       

マシンビジョンシステムの可能性

 最後に、アルゴリズムを効率的に実現するソフトウエアについても簡単に触れておく。幸い、性能が高度に最適化された画像処理用の共通関数ライブラリが、プロセッサメーカーからもソフトウエアメーカーからも提供され、広く普及している。表1に、ソフトウエアで提供される重要な画像処理関数と、マシンビジョンシステムにおけるその用途をまとめておく。

 このようなソフトウエアと高性能なデジタルカメラが提供され、処理能力が限りなく向上していくことから、マシンビジョンシステムは、高度な技術と専門的なプログラミングを要する特殊機能というわけではなくなっている。

 マシンビジョンシステムによって得られる物体の形状、サイズ、色や位置などの情報は、システムの動作を決定する上で重要なものである。マシンビジョンシステムは、今後さまざまな制御アプリケーションに幅広く利用されるようになるだろう。

表1 マシンビジョンシステムに用いられる一般的なアルゴリズム 表1 マシンビジョンシステムに用いられる一般的なアルゴリズム
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.