メディア
特集
» 2007年06月01日 00時00分 公開

家庭内ネットワークを利用した:ビデオ配信技術最前線 (1/3)

民生電子機器メーカーや主要サービスプロバイダは、家庭内ネットワークを使ったビデオ配信に取り組んでいる。しかし、これを広く普及させるにはネットワークの帯域幅、レイテンシ、信号障害などの課題を解決する必要がある。

[Maury Wright,EDN]

 家庭内ネットワークを使ってインターネット接続や家庭内にあるファイル、プリンタなどの共有を行っている消費者は多い。企業と同じように、「カテゴリ5」のツイストペアケーブルを用いた有線ネットワークを家庭内で利用している人もいるが、米国の大半の消費者は電力線ネットワーク規格「HomePlug」あるいはワイヤレスLAN規格「Wi-Fi(IEEE 802.11)」などを利用している。これらの規格の特徴は、「新たな配線を必要としない」ことだ。このような技術を利用すれば、ケーブルを配線するための費用をわざわざ支払わずに済む。

 音楽や映像などでは、コンテンツのデジタル化が当たり前のことになった。従って、われわれは家庭内デジタルネットワークにおいても、マルチメディアデータストリームへの移行を進めなければならない。「われわれ」とした理由は、消費者は家庭内のどこででもエンターテイメントのコンテンツを視聴したいと望んでいるし、サービスプロバイダも同様な環境を提供したいと考えているからだ。しかし現実には、コンテンツを提供する側の立場にある人は、新たな配線を必要としない方法を使って、映像をリアルタイムで配信する方策に頭を悩ませている。

 米国では、ビデオ配信を可能にするネットワークの需要を喚起している電子機器がある。それはDVR(digital video recorder)だ。米TiVo社のサービスをはじめ、ケーブル会社や衛星放送会社から提供されているDVRサービスが注目を集めている。その理由は、簡単に番組を録画できることや、ライブ番組を一時的に停止させたり、コマーシャルを早送りしたりする機能があるからだ。そして消費者は今、家の中のどこにいても同じ機能を使いたいと思っている。米Motorola社Connected Homeグループのソフトウエア製品マネジメント部門シニアディレクタであるNick Chakalos氏は「2台目、3台目、4台目のどのテレビの前であっても、消費者は同じことがしたいと考えている」と語る。

 各テレビに1台ずつDVRを接続すれば、ある程度はそうした消費者の要望が満たされるだろう。実際、衛星放送やデジタルケーブルテレビのプロバイダは、各種機能をコントロールできるSTB(set top box)をテレビごとに設置することで対応している。しかしそれがDVRとなると簡単ではない。各STBに録画用のハードディスクを入れたとしても、 STB同士を何らかの方法で接続しておかない限り、使っているSTBのハードディスクに見たい番組があるとは限らない。考えられる方法の1つは、あるハードディスクに保存されたコンテンツを共有できるネットワーク対応のSTBを使用することだ。

 ビデオ配信を可能にするネットワークの需要を喚起しているものはもう1つある。それは、従来の電話会社がこぞってテレビサービスを提供し始めたことだ。米AT&T社やVerizon社といった電話会社は、DSL(デジタル加入者線)やFTTH(fiber to the home)を使ってvideo over IPを提供しようと必死になっている)。一般に、「IPTV(internet protocol TV)」という言葉には、インターネット経由でSTBがビデオストリームを受信し、その映像信号をデコードして表示するアーキテクチャという意味が込められている。*1

 STBは、ユーザーが行ったチャンネル変更操作に対応する信号をネットワーク経由で通信業者側の機器に送信する。家庭内にある3台のテレビを IPTV対応にするには、ネットワークに接続された3台のSTBが必要となる。そのネットワークにはインターネットトラフィックに加え、3つのビデオストリームを搬送できるだけの帯域幅が必要となる。


脚注:

※1…Wright, Maury, "MIMO delivers range,beam forming delivers video," EDN, Jan19, 2006, p.35.


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.