メディア
特集
» 2008年03月01日 00時00分 公開

高い信頼性を確保する設計とは:高電力機器のホットスワップ回路 (4/4)

[Shyam Chandra(米Lattice Semiconductor社),EDN]
前のページへ 1|2|3|4       

プログラマブル性を活用

 本稿で示したように、PHSCを用いることによって、複雑な機能を実現できることがご理解いただけたであろう。さらに、PHSCを用いればカスタマイズが容易になるという利点もある。つまり、制御アルゴリズムや設計の変更に柔軟に対応できるのだ。例えば、上記の設計の場合であれば、表1のようなパラメータを変更して異なるブレードの要求条件に合致するようにカスタマイズできる。


表1 カスタマイズ可能なパラメータ 表1 カスタマイズ可能なパラメータ 

 今日では、ブレードの高機能化に伴って消費電力が増大し、ホットスワップ回路に対する要求もより厳しくなっている。そのため、従来のような単純な回路では、安全なホットスワップを実現することは難しい。しかし、プログラマブルな電力管理デバイスを用いれば、本稿で説明したように複雑な機能を実現できる。また、プログラマブル性を活用することで、ほかのブレードへの流用やホットスワップ回路の標準化も可能である。さらに、PLDを用いることで複雑な制御が可能になり、サブ筐体内のほかのブレードとの干渉を最小化したり、ホットスワップの安全性を高めたりすることができる。こうしたことにより、ブレード全体としての信頼性を高めることが可能になるのだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.