メディア
Special
» 2012年03月15日 00時00分 公開

AWG

[PR/EDN Japan]
PR

photo

AWG

 AWGとは、配線(ワイヤー)の直径や断面積、電気抵抗率などを定めた標準規格のこと。American Wire Gauge(米国ワイヤー・ゲージ規格)の頭文字を取って、「AWG」と呼ばれている。UL(Underwriters Laboratories Inc.)規格として認定されている。

デジタル・インターフェイスの必須技術用語

 AWGという技術用語は、デジタル・インターフェイス技術や、高速シリアル伝送技術で頻繁に登場する。配線導体部の直径、すなわち太さが伝送信号の品質に大きく影響を及ぼすからだ。直径が大きければインピーダンスが低くなるため、伝搬損失が小さくなる。そのため、伝送信号をより遠くに届けることが可能になる。ただし、直径が太くなれば、配線ケーブルを曲げづらくなり、コストも上昇する。

 一般に、配線導体部の直径は数字(番号)で示される。直径が0.46インチ(11.68mm)を「AWG0000(4/0)」、直径が0.005インチを「AWG36」とし、その間を等比間隔に分割して番号が打たれている(表1)。例えば「AWG24」は、配線導体部の直径が0.00201インチ(0.511mm)、「AWG10」は、配線導体部の直径が0.1019インチ(2.588mm)。「AWG1」は配線導体部の直径が0.2893インチ(7.348mm)となる。これ以上、直径が大きな配線導体部のケーブルについては、0の個数で番号を示しており、「AWG0(1/0)」は、配線導体部の直径が0.3249インチ(8.252mm)、「AWG000(3/0)」は、配線導体部の直径が0.4096インチ(10.40mm)である。

 なお、日本国内では配線(ワイヤー)の直径や断面積について、JIS(Japanese Industrial Standards)規格で定められた「SQ」という単位を用いるケースが多い。SQとは、断面積のことで「mm2」に等しい。例えば、「AWG14」は配線導体部の直径が1.628mmであり、断面積が2.081 mm2であるため、SQは2ということになる。つまりAWG14のワイヤーは2SQに相当する。

伝送特性の「基準」として使われる

 それではデジタル・インターフェイス技術において、AWGという用語はどのように使われているのだろうか。米テキサス・インスツルメンツ(TI)社が2012年2月1日に発表したシグナル・コンディショナIC「DS125DF410」を例に説明しよう。このICは、イコライザやクロック/データ抽出器(CDR:Clock Data Recovery)、判定帰還型等化器(DFE:Decision Feedback Equalizer)、デエンファシス・ドライバといった機能を備える。高速デジタル・インターフェイスの伝送距離を延ばすことができるICだ。

 このICの伝送特性を記述する際にAWGが登場する。具体的には、AWG26ケーブルを使った場合、12.5Gビット/秒と高速なデータを20m送ることができるという記述だ。AWG26ケーブルは直径が約0.4mmと細い。こうした細いケーブルを使っても12.5Gビット/秒の高速データを20mも伝送できることは、DS125DF410が高い伝送特性を備えていることを意味している。

photo 表 AWGとSQの関係

テキサス・インスツルメンツの電源ICラインアップ


これだけは知っておきたいアナログ用語 バックナンバー




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.