メディア
連載
» 2013年09月20日 10時00分 公開

マイコン入門!! 必携用語集(7):マイコンにも言語力が必要!? (2/4)

[菅井 賢,STマイクロエレクトロニクス]

マシン語(機械語)

 STマイクロエレクトロニクスのマイコン「STM32」に搭載されているCPUのCortex-M3を使って、「レジスタ8の値と1を加算して、再びレジスタ8に格納する」命令を説明します。命令の意味を表すパターンは[1111 0001]です。このパターンがくると「汎用レジスタの値と12 ビットの数値を加算して、汎用レジスタに格納する」の意味になります。その次に格納先の汎用レジスタの番号8に相当する2進数の[0000 1000]が続きます。演算元の数字もレジスタ8に入っているので、再び[0000 1000]が続きます。そして最後に加算する数の1、すなわち[0000 0001]がきます。これらをまとめると[1111 0001 0000 1000 0000 1000 0000 0001]となり、この0/1のパターンが「レジスタ8の値と1を加算して、再びレジスタ8に格納する」命令になります(図1参照)。この0/1のパターンをマシン語(機械語)と呼びます。また、マシン語がROMなどのメモリに格納されたパターンをオブジェクトと呼びます。

【図1】マシン語の例 (クリックで拡大)

 全てのプログラミング言語で書かれたプログラムは、最終的にこのマシン語に変換されないとマイコンは実行することができません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.