メディア
特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
特集
» 2015年04月22日 10時00分 公開

最新仕様でIPv6をサポート:Bluetooth 4.2 インターネット接続機能を理解する (2/4)

[Martin Woolley(Bluetooth SIG),EDN Japan]

RESTful API

 RESTful APIもBluetooth 4.2で導入され、これによりHTTPまたはHTTPSを使用してBluetooth Smartデバイスのセキュアな検知、アクセス、制御を実現します。一例として、スマートホームではBluetooth Smartセンサーを設置したドアや窓の状態を世界中どこからでも監視できる機能があります。HPSと同様に、RESTful APIはそれをサポートするBluetooth対応ゲートウェイが必要です。またHTTPSの使用により、ゲートウェイの先のBluetooth Low Energyコネクションをセキュアにすることができます。

 RESTful APIはBluetooth GAPとGATTの両方に関連しています。これらAPIを実装するいずれかが「ゲートウェイ」と呼ばれるデバイス種別です。実際には、ゲートウェイ機能はブロードバンドルータやスマートテレビなどのデバイスに組み込まれます。こちらからRESTful APIの仕様をダウンロードできます。

photo 図2 Bluetoothと6LoWPAN

 これまで述べたRESTful APIおよびHPS機能はどちらもHTTPベースであり、多くの使用事例に適していて、実際、非常によく使われています。ただし、全ての使用事例に最適なプロトコルというわけではありません。IPSPを利用することで、デバイスは他のプロトコルを使用でき、Bluetoothはまったく使用していなくてもIPをサポートする他のスマート機器と通信できるようになります。

 RESTful APIで重要なのは、それを実装したブロードバンドルータやデバイスを使うことで、自宅の外から、自宅内の全てのBluetooth Smartデバイスを安全に検出してアクセスできるようにする、ということです。

 これらのデバイスは、Bluetooth 4.0以降をサポートしていれば、Bluetooth 4.2に必ずしも対応している必要はありません。1台のBluetooth 4.2対応ルータで自宅全体を制御できるので、少ない投資でさまざまな機能を実現できるのです。ただし、これは他のデバイスもBluetooth Smartに対応している場合に限ります。

 IPSPでは、デバイスメーカーがHTTP以外のプロトコルのサポートを製品に実装できるという点で、他とは異なります。IPSPは、Bluetooth LE(Low Energy)の伝送路において、デバイス間で低消費電力IPv6パケット交換のサポートを提案しています。実際のパケット転送はIETF RFCによって策定され、2015年後半に確定する予定です。この実現には、6LoWPAN over Bluetoothをサポートするよう実装されたルータが必要になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.