メディア
連載
» 2016年03月08日 10時00分 公開

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(5):USB PDの評価 (5/5)

[キーサイト・テクノロジー,EDN Japan]
前のページへ 1|2|3|4|5       

特長を最大限に生かすテスト環境

 USB 3.1/Type-Cの登場により、1本のケーブルで最大10Gビット/秒のデータレートを実現し、最大100Wの電力供給が可能となる。またUSB以外の通信にも対応することができる。小型で表裏のないリバーシブル形状を採用したコネクター規格も利用者にとっては大きなメリットとなる。

 こうした特長を最大限に生かすためには、これまで以上に高い信号品質が重要であり、安全確保も必須である。キーサイトでは、USB 3.1/Type-Cコネクターを搭載した機器の開発に有用なシミュレーションツールから、機器やシステムの開発/評価向け、さらにはコンプライアンス試験向けまで、トータルのテストソリューションを用意している。これらのソリューションが、魅力的な製品開発の一助となれば幸いである*)

キーサイトのUSB3.1/Type-Cトータルソリューション キーサイトのUSB3.1/Type-Cトータルソリューション(クリックで拡大) 出典:キーサイト

*)なお、キーサイトでは、『USB3.1 Type-C コネクタの概要と課題・測定手法』をはじめとするライブWebセミナーのコンテンツを、「オンデマンドウェブセミナー(録画)」でも提供している。詳細はこちらから

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.