メディア
連載
» 2016年03月14日 09時00分 公開

Wired, Weird:不良シーケンサの修理――再び動くまでの道程 (2/2)

[山平豊(ケイティーエス),EDN Japan]
前のページへ 1|2       

コンタクトの表面も腐食か!?

 「そうだ、赤LEDが点灯した理由が分かったぞ!!」

 CPU基板のコネクターのコンタクト部の接触不良だ。コンタクトの表面も腐食している可能性が高い。

 太目の1φで長めの10cmのリード線の表面に傷を入れ簡易な細いやすりを作って、I/O基板のコネクターの内部のクリーニングを行った。シーケンサに組み込んでAC100Vを通電したらCPU異常の表示が消えた。図3に示す。

図3 AC100Vを通電ところ (クリックで拡大)

 通電表示が点灯し、CPU異常の表示が消えた。やはり漏れたリチウム電池の雰囲気ガスでI/O基板のコネクターのコンタクトの表面が腐食していたことが原因だった。正常な表示になったシーケンサの写真を図4に示す。

図4 正常な表示に戻ったシーケンサ (クリックで拡大)

 しかし、これまでの作業では修理は完了していない。まだまだやり残したことがある。次の動作確認は、PCにデバッガーをインストールしプログラムでシーケンサの確認を行うことだ。しかし、PCとシーケンサの接続ケーブルがない。

 デバッガーは三菱電機が提供している体験版のソフトをオンラインで入手した。接続ケーブルは通販サイトで発注した。

 腐食したCPU基板のシーケンサを正常に動作させる『ゴール』はまだまだ遠い。しかし、ゴールにたどり着くためのプロセスに修理の醍醐味がある。回路図があれば楽だが、見えない壁をなんとか乗り越えて、腐食したCPU基板のシーケンサの修理を完成させるつもりだ。

「Wired, Weird」連載一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.