メディア
連載
» 2016年07月07日 11時30分 公開

“サプライズ”で学ぶ電子回路の面白さWired, Weird(3/3 ページ)

[山平豊(ケイティーエス),EDN Japan]
前のページへ 1|2|3       

サプライズ動作では、8Wで点灯!

 このサプライズ動作をセンサーライトで実現させた様子を図5に示す。

図5:サプライズ動作させた際のセンサーライトの様子。消費電力は8Wと表示されている

 電源投入時はもちろんランプは消灯している。センサー部を手で隠し遮光するとランプが明るく点灯するが、手を外してもランプは点灯しっぱなしになった。かなり明るくランプが点灯し、消費電力は8Wが表示された。図4と比較するとライトの明るさが全く違うことが分かるだろう。

 このサプライズのヒントは、ライトのコンセントを延長している配線の途中にある黄色い枠の黒い部品にある。

配線途中の部品は……

 読者はすでに理解されたと思うが、配線の途中にある部品はAC電源を全波整流するダイオードブリッジだ。

 センサーライトにはAC100Vを整流したDC140Vの脈流が供給されている。つまり図5ではセンサーライトには直流電圧が供給されているため、SCRが一度、オンすると保持(ラッチ)しランプが点灯しっぱなしになったわけだ。また消費電力が2倍以上になり、明るく点灯する。これは100%の電力がランプに加わったからだ。図5の写真を見るだけでも読者はSCRのラッチ動作を実感できただろう。

好評だったサプライズ――身近な電気製品も楽しい教材になる

 センサーライトを使ったサプライズ教育は受講者に大好評だった。読者も機会があったらセンサーライトを買って、AC100VとAC100Vの全波整流に接続した時のセンサーライトの動作の違いを経験してほしい。家庭で、子どもにこのサプライズを見せて電子回路に興味を持たせれば、将来にノーベル賞を取れるような科学者に成長するかもしれない。

 このように、身近にある電気製品を分解し、部品や回路を理解すれば電子回路に対する興味も知識も増える。そして、ちょっとした工夫を加えるだけでも、面白い現象を見つけることもできる。

「Wired, Weird」連載一覧

次の記事を読む

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.