メディア
まとめ
» 2017年08月28日 10時00分 公開

電子ブックレット(EDN):MOSFETの実効容量値を簡単に求める方法

「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「最新のMOSFETの評価に有効な実効容量値を、より簡単に求める方法」を紹介します。

[EDN Japan]

「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「最新のMOSFETの評価に有効な実効容量値を、より簡単に求める方法」を紹介します。

MOSFETの実効容量値を簡単に求める方法

クリックでダウンロードページへ

 MOSFETのデータシートには、1つの測定電圧での出力静電容量値が記載されています。この値は、従来のプレーナ型MOSFETには有効でしたが、スーパージャンクションなど複雑な構造を用いる最新のMOSFETの評価には適していません。

 本稿では、最新のMOSFETの評価に有効な実効容量値を、より簡単に求める方法を探っていきます。

ダウンロードボタン

  • 主な内容
    • プレーナー型MOSFETは単一点測定で十分だったが……
    • 実効静電容量の使用
    • 実効静電容量の測定
    • 精度
  • 電子ブックレットは、製造業のための製品・サービスに関する無料会員制サイト「TechFactry ホワイトペーパーダウンロードセンター」で、無料ダウンロードできます。
  • 電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
  • 電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.