メディア
ニュース
» 2019年01月24日 09時00分 公開

Maxim MAX20345:超低自己消費電流の高集積PMIC

Maxim Integrated Productsは、高集積PMIC「MAX20345」を発表した。内蔵レギュレーターの自己消費電流が極めて低いため、バッテリー寿命を延長する。製品形状の小型化や効率向上にも貢献する。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は2019年1月、バッテリー寿命を延長し、製品形状を小型化できる高集積パワーマネージメントIC(PMIC)「MAX20345」を発表した。1000個以上購入時の単価は、4.45米ドルとなる。

 MAX20345は、リチウムイオンバッテリー充電機能と、スリープ時やスタンバイ時の電力を削減する3つのnanoPowerバック(900nA、typ)、6つの電圧レギュレーター、LDOレギュレーター(550nA、typ)を内蔵する。レギュレーターはいずれも自己消費電流が低く、2つのロードスイッチでシステム周辺回路を切断し、バッテリーの消費を最小限に抑える。

高集積PMIC「MAX20345」のイメージ

光学式測定の感度を最適化するアーキテクチャを採用

 他に、高精度の心拍数やSpO2(血中酸素)などの光学式測定用に最適化されたアーキテクチャに基づく昇降圧レギュレーターも内蔵する。そのため、高周波数で低リップルを可能にし、光学式測定に干渉しない。また、セトリング時間が短いことから、SNR(信号対雑音比)を低下させることなく、必要に応じて低自己消費電流性能を発揮する。その結果、性能が最大7dB向上。バッテリー寿命の延長や効率の向上に貢献するため、小型のウェアラブルデバイスやIoT(モノのインターネット)機器に適している。

 3.37×3.05mm、0.4mmピッチの56ピンウエハーレベルパッケージWLPで提供される。複数のディスクリート部品が不要で、実装面積の小型化が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.