メディア
ニュース
» 2019年02月06日 09時00分 公開

東芝 TC9562シリーズ:TSN規格対応の車載情報通信向けEthernetブリッジIC

東芝デバイス&ストレージは、車載情報通信システムや産業機器向けに、Ethernet AVB規格対応のブリッジIC「TC9562」シリーズを発表した。システムの簡素化や複数インタフェースへの対応、低遅延データ転送を可能にしている。

[EE Times Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2019年1月、車載情報通信システムや産業機器向けに、Ethernet AVB規格対応のブリッジIC「TC9562」シリーズを発表した。システムを簡素化できる「TC9562XBG」、複数インタフェース対応の「TC9562AXBG」、低遅延データ転送を可能にした「TC9562BXBG」の3製品を用意し、車載インフォテインメント、テレマティクス、オーディオアンプ、産業機器などに活用できる。

Ethernet AVB規格、Ethernet TSN規格に対応

 TC9562XBGは、機能を絞り込むことで製品構成を最適化しており、システムを簡素化できる。TC9562AXBGは、EthernetインタフェースのRGMII、RMII、MII、SGMIIに対応。より広範なシステム構成に適用可能になった。TC9562BXBGは、TC9562AXBGの仕様に加え、Ethernet TSN規格のIEEE 802.1Qbv、IEEE 802.1Qbu、IEEE 802.3brにも準拠し、低遅延のデータ転送に対応する。

EthernetブリッジIC「TC9562XBG」

 3製品ともEthernet AVB対応のMACを内蔵し、CPUコアはArm Cortex-M3を搭載した。低消費電力モード時の電力は0.5mWで、同モードからの復帰時間は100ミリ秒をターゲットとする。今後、車載ICの品質試験規格AEC-Q100 Grade 3に準拠する予定だ。

 パッケージは、9×9mm、0.65mmピッチの120ボールP-LFBGAを採用。TC9562BXBGは、同年2月からサンプル出荷を開始し、同年10月より量産を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.