メディア
ニュース
» 2019年02月08日 09時00分 公開

ローデ・シュワルツ R&S NGL200シリーズ:30μ秒未満の高速過渡応答時間に対応した直流電源

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、高確度と高速過渡応答時間を可能にした、直流電源「R&S NGL200」シリーズを発表した。電圧、電流、電力の測定で最大6.5桁の分解能を備える。

[EDN Japan]

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2019年1月、高確度と高速過渡応答時間を可能にした、直流電源「R&S NGL200」シリーズを発表した。本体価格は、1チャンネルモデルの「R&S NGL201」が24万7000円、2チャンネルモデルの「R&S NGL202」が37万7000円となる。

短い過渡応答時間で高速な負荷変動に対応

直流電源「R&S NGL200」シリーズ

 過渡応答時間が30マイクロ秒未満と短いため、デバイスのスリープモードと送信モードの切り替え時に発生する、高速な負荷変動に対応できる。また、最小限のオーバーシュートにより、電圧降下やオーバーシュートなしで数マイクロアンペアからアンペアレンジまでの負荷変動に対応する。

 出力電圧は0〜20Vで、各チャンネル当たりの最大出力は60W。出力段がリニア2象限設計のため、ソースモードとシンクモードの両方で動作する。ソースモードからシンクモードへは自動的に切り替わる。出力チャンネルはフローティングで電気的に絶縁されるため、過負荷やショート回路から保護される。

 電源はシンクとしても制御可能で、バッテリー特性をシミュレートできる。リニアレギュレーションによって安定した出力パワーと電流を供給するため、敏感なモジュールへの電力供給、パワーアンプやMMICの開発に対応する。

 電圧、電流、電力の測定で最大6.5桁の分解能を備え、スタンバイモードでは低消費電力、全負荷動作では大電流のデバイスの特性評価に適している。測定レンジ全体をカバーし、測定レンジの切り替えを不要にした。

 リモートコントロール用インタフェースとして、USBとLANインタフェースを標準装備する。他に、オプションでWLANをサポートする「R&S NGL-K102」、デジタル入出力が利用可能な「R&S NGL-K103」、ハードウェアオプションとしてGPIB(IEEE-488)インタフェースを用意する「R&S NGL-B105」も提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.