メディア
連載
» 2019年02月12日 11時00分 公開

温度センサーの種類と「熱電対」「測温抵抗体」の使い方記録計/データロガーの基礎知識(3)(4/4 ページ)

[TechEyesOnline]
前のページへ 1|2|3|4       

温度センサーの校正

 温度の基準は下記の「1990年国際温度目盛(ITS-90)」で決められており、この温度定点を基準として温度センサーは定点校正される。

温度(K) 基準点
3〜5 ヘリウムの蒸気圧から決まる温度
13.8033 平衡水素の三重点
約17.0 平衡水素の蒸気圧が約33.3kPaの時の温度
約20.3 平衡水素の蒸気圧が約101.3kPaの時の温度
24.5561 ネオンの三重点
54.3584 酸素の三重点
83.8058 アルゴンの三重点
234.3156 水銀の三重点
273.16 水の三重点
302.9146 カリウムの融点
429.7485 インジウムの凝固点
505.078 スズの凝固点
692.677 亜鉛の凝固点
933.473 アルミニウムの凝固点
1234.93 銀の凝固点
1337.33 金の凝固点
1357.77 銅の凝固点

 温度センサーや温度計の校正には国際温度目盛に従った温度基準点での校正と、基準温度点で校正された標準温度計との比較校正がある。

図6:温度センサーの校正法 出典:東京都立産業技術研究センター TIRI News 2007年9月号

 工業用に使われる温度センサーや温度計は比較校正が一般的である。トレーサビリティーが取れた温度測定を行う場合は温度センサーと記録計が校正されていることが要求される。

おわりに

 記録計は長い歴史があり、それぞれの時代の最新技術を使って製品が作られていた。今後、IT技術のさらなる活用や、新たなセンサーに対応した記録計が登場すると期待されている。

(おわり)


転載元「TechEyesOnline」紹介

TechEyesOnline

 TechEyesOnlineは、測定器を中心にした製品情報や技術情報を提供する計測器専門の情報サイト。測定器の基礎・原理、測定セミナーから、市場動向・展示会・インタビュー記事までオリジナルコンテンツを豊富に掲載しています。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.