メディア
ニュース
» 2019年02月21日 09時00分 公開

ルネサス RX24T Gバージョン、RX24U Gバージョン:高温対応のモーター制御用32ビットマイコン

ルネサス エレクトロニクスは、モーター制御用32ビットマイコン「RX24T」「RX24U」グループに、動作周囲温度が−40〜105℃の「Gバージョン」を追加し、量産出荷を開始した。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2019年1月、モーター制御用32ビットマイコン「RX24T」「RX24U」グループに、動作周囲温度が−40〜105℃の「Gバージョン」を追加し、量産出荷を開始した。

−40〜105℃までの動作周囲温度に対応

 RX24TおよびRX24Uは、モーター制御用の周辺機能を搭載した最大動作周波数80MHzの32ビットマイコン。RX24Tは2モーター同時制御可能なFPU(浮動小数点演算ユニット)を搭載し、RX24Uは差動アンプと安全機能を内蔵している。

 今回のGバージョンの追加により、32ビットマイコンRXファミリにおける民生と産業向けモーター制御用ラインアップは、−40〜105℃までの動作周囲温度に全製品において対応した。

 Gバージョンは、RX24Tが64〜100ピン、メモリサイズが128〜512Kバイトの計11品種、RX24Uが100〜144ピン、メモリサイズ256〜512Kバイトの計6品種を用意する。

 また、「24Vモーター制御評価キット」にRX24TとRX24U用のCPUカードを装着して、モーター制御アプリケーションが開発できる。

「RX24T Gバージョン」「RX24U Gバージョン」のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.