メディア
TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア2019)特集
ニュース
» 2019年03月08日 09時00分 公開

TDK HVC4420F:診断機能の高い組み込みモーターコントローラー

TDKは、64Kバイトのフラッシュメモリと4KバイトのSRAMを備えた、車載用組み込みモーターコントローラー「HVC 4420F」を発表した。スマートアクチュエーターにおける拡張された診断機能により、自動車メーカーの要件に対応する。

[EDN Japan]

 TDKは2019年2月、64Kバイトのフラッシュメモリと4KバイトのSRAMを備えた、車載用組み込みモーターコントローラー「HVC 4420F」を発表した。スマートアクチュエーターにおける拡張された診断機能により、自動車メーカーの要件に対応する。子会社のTDKミクロナスから、同年3月よりサンプル出荷を、2020年の量産開始を予定している。

モーターコントローラー「HVC 4420F」のイメージ

診断機能付き拡張PWMを統合

 HVC 4420Fは、32ビットArm Cortex-M3を搭載。また、タイマーやカウンター、割り込みコントローラー、マルチチャネルA-Dコンバーター、SPI、診断機能付き拡張PWMを統合している。診断機能には、センサーデータの解析やアクチュエーターの状況、それに基づく動作など、自動車メーカー独自のアプローチを使用する。

 高い計算能力を持ち、PMSM向け空間ベクトル変調や、センサー/センサーレス6段階転流のような複雑なモーター制御アルゴリズムを可能にする。

 LIN UARTはLIN 2.xトランシーバーを備え、電圧レギュレーターとともにデバイスを自動車ボード電源に直結できるため、外部部品を必要としない。電力管理モードは、消費電力を低く抑えることができる。

 オプションでファームウェアを用意しており、これをベースにアプリケーションソフトウェアを開発することで、モーターおよび、制御の設計に関する開発機関を削減できる。

 同社は、グリルシャッターやスマートバルブ、ポンプ、空調フラップなどでの用途を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.