メディア
ニュース
» 2019年03月14日 09時00分 公開

シーラス・ロジック CS35L41:モバイル向け小型スマートブーストパワーアンプ

シーラス・ロジックは、高度なバッテリー管理機能を搭載した、モバイルデバイス向けのスマートブーストパワーアンプ「CS35L41」を発表した。55nmプロセス技術を採用し、小型のWLCSパッケージで提供する。

[EDN Japan]

 シーラス・ロジックは2019年2月、高度なバッテリー管理機能を搭載した、モバイルデバイス向けの小型スマートブーストパワーアンプ「CS35L41」を発表した。55nmプロセス技術を採用し、5.64mm2のWLCSパッケージで提供する。従来のDSPスマートアンプに比べ、約半分の大きさとした。

11V昇圧型クラスDアンプを搭載

 11V昇圧型クラスDアンプを搭載する他、オーディオエンハンスメントやスピーカー保護アルゴリズムを備えたDSPを内蔵する。これにより、アプリケーションプロセッサや外部DSPの処理負荷を増やすことなく、オーディオ品質を向上できる。

小型スマートブーストパワーアンプ「CS35L41」

 同社のソフトウェア「SoundClear Playback」を採用し、特定のマイクロスピーカーに合わせてオーディオを調整できる。これにより、ハードウェアおよびソフトウェア両面の技術から、スピーカーを保護しつつ音質を改善し、スマートフォンなどのスピーカー出力のラウドネスを高める。

 自己消費電力は6.7mWと低い。加えて、高度なバッテリー管理システムにより、バッテリー需要を予測的に管理する。また、クラスHブーストコンバーターがオーディオレベルを追跡し、システム効率を改善する。こうした機能により、電力消費を最小限に抑え、バッテリー寿命を延ばすことができる。

 既に出荷を開始しており、設計チューニングツールも提供している。モバイル機器や中低価格機器の設計を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.