メディア
ニュース
» 2019年04月05日 09時00分 公開

マキシム MAX77860:3A充電の高集積USB-Cバックチャージャー

Maxim Integrated Productsは、他社競合製品より30%小型化した、USB Type-C(USB-C)バックチャージャー「MAX77860」を発表した。USB-Cコンフィギュレーションチャンネル(CC)ポート検出機能などを3.9×4.0mmのパッケージに集積している。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は2019年3月、他社競合製品より30%小型化した、USB Type-C(USB-C)バックチャージャー「MAX77860」を発表した。1000個以上購入時の単価は3.03米ドル。評価キット「MAX77860EVKIT#」も提供しており、単価は70米ドルとなる。

リバースブーストやCC検出機能などを搭載

  USB-Cコンフィギュレーションチャンネル(CC)ポート検出機能と15Wアプリケーション用バッテリーチャージャーを内蔵しており、個別のポートコントローラーや多数のディスクリート部品を不要にした。スイッチング周波数は2MHzまたは4MHz。これらの特徴により、インダクターやコンデンサーを小型化し、製品全体のサイズを抑えることができる。

 他に、A-Dコンバーター、低ドロップアウトレギュレーター、電力経路を3.9×4.0mmのパッケージに集積。また、CCピン検出機能により、エンドツーエンドのUSBポートへの接続が不要となるため、自動的に充電を開始できる。下位互換性により、USB-Cと従来のBC1.2や独自アダプターの両方で動作させることも可能だ。

USB-Cバックチャージャー「MAX77860」の利用イメージ

 入力動作範囲は4.0〜13.5V、適応型入力電流制限(AICL)を備えた入力電流制限は最大4.0A、放電電流制限は最大9ARMSである。最大1.5AのUSB-OTGリバースブーストに対応する。高効率降圧により発熱を低減し、効率93%以上と最大3Aの充電能力を提供する。

 同社は、産業用コンピュータや医療機器、販売時点情報管理(POS)端末、スキャナー、ポータブルスピーカー、ゲーム機などでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.