メディア
ニュース
» 2019年04月11日 09時00分 公開

シリコン・ラボ Si89xxファミリー:温度ドリフトが小さい電流・電圧測定用絶縁型IC

シリコン・ラボラトリーズは、温度ドリフトが小さく、正確な電流・電圧測定を保証する絶縁型IC「Si89xx」ファミリーを発表した。絶縁型アナログアンプやデルタシグマ変調器(DSM)、電圧センサーで構成される。

[EDN Japan]

 シリコン・ラボラトリーズは2019年3月、温度ドリフトが小さく、正確な電流・電圧測定を保証する絶縁型IC「Si89xx」ファミリーを発表した。絶縁型アナログアンプやデルタシグマ変調器(DSM)、電圧センサーで構成される。

シングルエンド、差動、DSM出力を備えた電流・電圧最適化デバイス

 Si89xxファミリーは、シングルエンド、差動、DSM出力を備えた、電流または電圧最適化デバイスとなる。シャント電流検出用の絶縁型アナログアンプ「Si892x」、汎用電圧センシング用の絶縁型アナログアンプ「Si8931」「Si8932」、電圧検出用の絶縁型DSMデバイス「Si8935」「Si8936」「Si8937」、シャント電流検出用の絶縁型DSMデバイス「Si8941」「Si8946」「Si8947」の4つの製品カテゴリーで提供する。

絶縁型IC「Si89xx」ファミリー

 入力範囲は、±62.5mV、±250mV、または2.5V。最小オフセット誤差は±40μV、ゲイン誤差は±0.1%で、標準オフセットドリフトは±0.15μV/℃、標準ゲインドリフトは−6ppm/℃、標準SN比は最大90dBとなる。1414Vの動作電圧と13kVのバイポーラサージにより、産業分野の厳しい温度条件に対応し、システムコントローラーを安全に保護する。

 現在、ワイドボディーSOIC-8パッケージのサンプルを出荷中で、ナローボディーSOIC-8パッケージのサンプルは、2019年第2四半期に出荷予定だ。量産開始は、2019年第3四半期を予定している。

 同社は、主な用途として、電気自動車のバッテリーマネジメントや充電システム、DC-DCコンバーター、モーター、太陽光発電、風力タービンインバーター、グリーンエネルギーアプリケーションなどでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.