メディア
ニュース
» 2019年04月12日 09時00分 公開

ローデ・シュワルツ R&S NRX RFパワーメーター:4つの測定チャンネル搭載のパワーメーター

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、終端型と指向性パワーセンサーをワンボックスでサポートする「R&S NRX RF」パワーメーターを発表した。最大4つの測定チャンネルと5インチの統合タッチスクリーンを搭載している。

[EDN Japan]

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2019年3月、終端型と指向性パワーセンサーをワンボックスでサポートする「R&S NRX RF」パワーメーターを発表した。最大4つの測定チャンネルと高解像度5インチの統合タッチスクリーンを搭載し、操作性を向上している。

マルチチャンネルのトリガーや同期測定が可能

 R&S NRX RFパワーメーターは、パワーセンサーを用いてマルチチャンネルのトリガーや測定を同期して行えるパワーメーターだ。2つのセンサーポートを標準装備し、オプションで4ポートにアップグレードもでき、センサーをUSBまたはイーサネット経由で接続もできる。

「R&S NRX RF」パワーメーター

 同社の全ての終端型パワーセンサーがセンサーコネクターに接続でき、「R&S NRX-B9」センサーインタフェースモジュールを使うと、「R&S NRT-Z」ファミリーの指向性パワーセンサーを統合し、双方向伝送パワー評価の測定ができる。

 50MHzと1GHzの基準発生器であるオプションの「R&S NRX-B1」センサーチェックソースモジュールは、連続波信号とパルス急傾斜信号を生成し、保留中の測定についてのセンサーテストが行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.