メディア
ニュース
» 2019年04月18日 09時00分 公開

東芝 TB9062FNG:PWM入力でモーター制御可能なプリドライバIC

東芝デバイス&ストレージは、車載ブラシレスDCモーターをPWM入力だけで制御するプリドライバIC「TB9062FNG」を発表した。バッテリー電圧に応じてDutyを補正する起動時自動Duty生成機能や、出力Dutyの急変を抑えて脱調を防止する機能を備える。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2019年3月、車載ブラシレスDCモーターをセンサーなしで制御できるプリドライバIC「TB9062FNG」を発表した。現在サンプルを出荷中で、同年12月から量産出荷を開始する。

モーター制御プリドライバIC「TB9062FNG」

 TB9062FNGは、ハードウェアのロジック回路で制御するため、高機能MCUやソフトウェア開発を必要とせず、PWM(Pulse Width Modulation)入力だけでブラシレスDCモーターを制御できる。

起動時自動デューティ比生成機能でモーターを安定始動

 従来製品からの追加機能として、バッテリー電圧に応じてデューティ比を補正し、安定して始動する起動時自動デューティ比生成機能を搭載。また、出力デューティ比の急変を抑えて脱調を防止するソフトスピードチェンジ機能を備える。

 他に、バッテリー電圧の過電圧、減電圧、過電流、過熱など各種異常を検出する機能や、フラグ出力機能を搭載する。

 センサーレス120度通電駆動方式で駆動し、動作電源電圧範囲は6.5〜16.6V。7.8×7.6mmのSSOP24-P-300-0.65Aパッケージで供給する。動作周囲温度は車載用途に適した−40〜125℃となっている。主な用途として、車載用の電動ウオーターポンプ、電動オイルポンプ、燃料ポンプ、各種ファンなどを想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.