メディア
ニュース
» 2019年05月23日 09時00分 公開

東芝 TC78B041FNG、TC78B042FTG:高効率駆動に対応した三相ブラシレスモーターIC

東芝デバイス&ストレージは、三相ブラシレスモーター正弦波コントローラーIC「TC78B041FNG」「TC78B042FTG」を発表した。独自の自動位相調整機能により、幅広い回転数で高効率化を達成する。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2019年4月、三相ブラシレスモーター正弦波コントローラーIC「TC78B041FNG」「TC78B042FTG」を発表した。それぞれ、7.6×10.2×1.6mmのSSOP30パッケージ、5×5×1mmのVQFN32パッケージで供給。エアコンや空気清浄機などの家電、産業機器などに活用できる。

三相ブラシレスモーター正弦波コントローラーIC「TC78B041FNG」「TC78B042FTG」

独自の自動位相調整機能で幅広い回転数を達成

 独自の自動位相調整機能(InPAC)により、簡単な設定で、ホール信号とモーター出力電流の位相調整ができる。幅広い回転数範囲でMCU制御システムと同等の高効率駆動が可能になるため、ファンモーター駆動を高効率化する。

 また、正弦波駆動方式を採用し、滑らかな電流波形による静音化に対応。矩形波駆動方式矩形波駆動方式に比べ、モーターを低騒音、低振動化する。電源電圧は6〜16.5Vで、5Vのレギュレーターを内蔵。正転/逆転の切り替えに対応するほか、回転パルス信号出力のパルス数を選択できる。

 さまざまな耐圧および電流容量のドライバと組み合わせて使用できる。また、出力段をインテリジェントパワーデバイスと組み合わせても使用可能だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.