メディア
ニュース
» 2019年05月27日 09時00分 公開

富士通 FTR-K5シリーズ:EV/PHV車載充電器向け6.6kW交流負荷開閉用リレー

富士通コンポーネントは、EVやPHV向けに、6.6kW車載充電器用リレー「FTR-K5」シリーズを発表した。32A-250VACクラスの交流負荷の開閉が可能で、大容量バッテリーの満充電に対応する。

[EDN Japan]

 富士通コンポーネントは2019年5月、EVやPHV向けに、6.6kW車載充電器用リレー「FTR-K5」シリーズを発表した。32A-250VACクラスの交流負荷の開閉が可能で、大容量バッテリーの満充電に対応する。現在、サンプルを提供中で、量産開始は2020年3月を予定している。

車載充電器用リレー「 FTR-K5シリーズ」の製品外観

IEC61810-1の277V強化絶縁要求に準拠

 コイルと接点間の沿面距離は8.8mmで、IEC61810-1の277V強化絶縁要求に準拠する。コイルと接点間の耐電圧は5000VAC。接点の開閉をせずに通電だけを行う場合、1時間連続で40Aの通電状態を維持できる。

 使用温度範囲は−40〜105℃に対応する。消費電力は900mWで、コイルからの発熱を抑制した設計を採用。車載電装用リレーに求められる厳しい耐振動性、耐衝撃性基準を満たしている。

 車載充電器の形態に合わせて、リレーの保護構造を選択できる。密封構造の充電器には長寿命のフラックスフリー形、非密封構造の充電器には粉じんや排気ガスに強いプラスチックシール形を用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.