メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2019年05月30日 09時00分 公開

STマイクロ HB2シリーズ:高速スイッチングに対応した650V耐圧IGBT

STマイクロエレクトロニクスは、同社の「トレンチフィールドストップ(TFS)技術」を活用した、650V耐圧IGBT「HB2」シリーズを発表した。低ゲート電流での高速スイッチングを可能にしている。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2019年4月、同社の「トレンチフィールドストップ(TFS)技術」を活用した、650V耐圧IGBT「HB2」シリーズを発表した。シリーズ第1弾となる定格40Aの「STGWA40HP65FB2」は、TO-247パッケージ(ロングリード)で提供され、1000個購入時の単価は約2.95米ドル。

650V耐圧IGBT「HB2」シリーズのイメージ

低ゲート電流での高速スイッチングが可能

 HB2シリーズは、16k〜60kHzのスイッチング周波数で動作するアプリケーション向けに最適化され、AEC-Q101 Rev. D規格準拠の車載用製品も含まれる。コレクタ−エミッタ間飽和電圧(VCE(sat))は1.55Vと低く、ゲート電荷を低減することで動特性が向上し、低ゲート電流での高速スイッチングが可能になった。

 同一パッケージに、全定格ダイオード、半定格ダイオード、保護ダイオードを逆並列で内蔵し、IGBT部への偶発的な逆バイアスを防止できる。

 同社は、主な用途として、PFCコンバーター、溶接機、無停電電源装置(UPS)、太陽光発電システム用インバーターなどでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.