メディア
ニュース
» 2019年06月03日 09時00分 公開

日本航空電子工業 MX50、MX53シリーズ:車載配線用HDMIコネクターのラインアップ拡充

日本航空電子工業は、車内配線用のHDMIコネクター「MX50」「MX53」シリーズに新製品を追加した。MX50シリーズには誤嵌合防止キーを設けた4種類を追加し、MX53シリーズではケーブル配索や固定方法の自由度を向上させた。

[EDN Japan]

 日本航空電子工業は2019年5月、車内配線用のHDMI Type Eコネクター「MX50」シリーズと、ユーザー持ち込み機器とのHDMI接続を可能とするHDMI Type Aコネクター「MX53」シリーズに新製品を追加したと発表した。

車載用HDMIコネクター「MX50」シリーズ、「MX53」シリーズ

作業性や設計自由度が向上した車載用HDMIコネクター

 MX50シリーズには、同一ECU内に複数個使用する時のために、誤嵌合防止キーを設けた基板実装タイプコネクターを4種類追加。Type Eコネクターの嵌合は耐こじり構造で、メカニカルロックを採用している。

 MX53シリーズでは、適用電線および取り付け方法のバリエーションを拡充し、車両内部でのケーブル配索や固定方法の自由度を向上させた。適用電線は車載専用開発のシールドツイストペア電線を採用し、伝送性能信頼性確保のため、ハーネス品にて供給される。

 両シリーズともに2列の19極タイプで、適用基板厚は1.6mm、MX50シリーズが横ピッチ1.5mm、MX53シリーズが横ピッチ1.0mmだ。

 用途は、MX50シリーズが車体内部の基板対電線の接続、MX53シリーズが持ち込み機器の接続や中継で、カーナビゲーションやカーオーディオなどの市場を想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.