メディア
ニュース
» 2019年07月12日 09時00分 公開

日本TI F2838x:3種類の産業用通信プロトコル実装のマイコン

日本テキサス・インスツルメンツは、3種類の産業用通信プロトコルを実装したC2000「F2838x」32ビットマイコンを発表した。64ビット浮動小数点ユニット、整数除算ハードウェアなどを搭載している。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2019年6月、EtherCAT、イーサネット、CAN FD(Controller Area Network with Flexible Data Rate)の3種類の産業用通信プロトコルを実装した32ビットマイコン「C2000 F2838x」を発表した。モーター駆動、FA、大電力グリッドなどの用途を見込む。

C2000「F2838x」32ビットマイコンの使用イメージ

3種類の通信プロトコルに対応するArm Cortex-M4ベースのサブシステム

 Arm Cortex-M4ベースのサブシステムを搭載し、3種類の通信プロトコルを可能にした。電気的に絶縁されたアーキテクチャ向けに、8つの受信チャンネルを備えた高速シリアルインタフェースを使用し、最小ピン数で最大200Mビット/秒のチップ間通信に対応する。

 CAN FDコントローラーとトランシーバーを内蔵した同社の「TCAN4550 SBC」などのシステムベーシスチップと組み合わせると、CAN FDポートを容易に増設できる。

 64ビット浮動小数点ユニットと整数除算ハードウェアを用い、C28x中央処理装置を基にした制御を実施する。また、サーボドライブ用アプリケーションでは、高速電流ループテクノロジーが、精度の高い位置制御を可能とするフィールドオリエンテッドコントロールを500ナノ秒未満で処理する。

 シングルエンドの16ビットA-Dコンバーターも内蔵され、使用できるチャンネルが従来のC2000マイコンの2倍に増加した。拡張された構成可能ロジックブロックにより、周辺機器のカスタマイズができるため必要な外付け部品が最小限になり、最短のシステムレイテンシと最大限の制御ループ精度を可能にした。

 「TMS320F28388D」は現在サンプルを供給中で、1000個受注時の参考価格は14米ドル。「TMDSCNCD28388D」開発キットは249米ドルだ。モーター制御およびデジタル電源向けのソフトウェア開発キットを、同月末までに発表する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.