メディア
ニュース
» 2019年07月31日 09時00分 公開

大真空 DS1008JC、DS1008JD、DS1008JJ、DS1008JK:1008サイズ小型薄型の差動出力水晶発振器

大真空は、1008サイズの差動出力水晶発振器「Arkh.3G」シリーズとして、「DS1008JC」「DS1008JD」「DS1008JJ」「DS1008JK」を発表した。小型化、薄型化により、装置の実装効率向上に貢献する。

[EDN Japan]

 大真空は2019年7月、1008サイズの差動出力水晶発振器「Arkh.3G」シリーズとして、「DS1008JC」「DS1008JD」「DS1008JJ」「DS1008JK」を発表した。同月よりサンプル出荷を開始する。小型化、薄型化により、装置の実装効率向上に貢献する。

差動出力水晶発振器「DS1008Jx」

光ネットワーク機向け差動出力水晶発振器

 製品サイズは、1.0×0.8×0.29mm。出力仕様はそれぞれ、HD-LVDS、HCSL、LVDS、LV-PECLの差動デジタル信号に対応する。出力周波数は156.25MHz、周波数許容偏差は±100×10−6だ。

 DS1008JCの電源電圧は+3.3V、DS1008JD、DS1008JJ、DS1008JKの電源電圧は+2.5Vまたは+3.3V。いずれも低位相ノイズで、無逓倍出力だ。−40〜+85℃の温度範囲で動作する。

 通信トラックが急増するモバイルネットワークやビッグデータなどにおいて、光トランスポート装置など光ネットワーク機に活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.